人気ブログランキング |

日本で長年勤めた会社を辞めてアメリカに転職しました


by ぽっぽ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Baking( 12 )

タルト職人の休日

週末は友人の送別会のためにタルトを作った。
タルトはしばらく作ってなかったんだけど、友人奥様のたっての希望でタルト。
久々に焼くとタルトも楽しい。
今回のパートシュクレとクレームダマンドは完璧だった。
(ちょっと縁が厚めに仕上がってしまったけど)
f0396218_05051335.jpg
途中、クレームダマンドが分離したかなー?とか思ったけど、なんとかセーフ(笑)
そうそう、バターをケリーゴールドにしてから初めて作ったかも?
昔は適当にスーパーで買ってきた無塩バターを使ってたけど、ケリーゴールドを初めて使った時「あ、このバター使いやすい」って思ってから、それ一択。
柔らかくて扱いやすくて、香りも芳醇。
もうこれ以外は使いたくない。
小麦粉はボブズレッドミルのスーパーファイン。
ネットで大量買い。
砂糖はこっちはグラニュー糖が主流だから、なんでも良い。
だいたいメジャーなドミノを買うことが多い。
でもタルトはグラニュー糖ではなくて粉糖を使う。
今回はトレジョブランドの粉糖。
あとはアーモンドパウダー。
アメリカのアーモンドパウダーはどのブランドでも荒い。
とてもじゃないけど篩ったりはできない。

そう、それで土台は完璧。
そこにクレームパティシエールをこんもり乗せて、フルーツを飾り、フルーツタルトの完成。
相変わらずセンスのない盛り付け・・・。
ホントはイチヂクを使いたかったけど、たまたまスーパーに無くて断念。


f0396218_05054018.jpg
私、自作お菓子について自画自賛はしないけれど、今回のタルトは本当に美味しかった。
手作りならではの、良い材料を使った優しい甘さに仕上がってて、アメリカの甘くないフルーツを上手くフォローしてた(笑)
みんなにもすごく好評で、22cmの巨大なタルトで余ると思ってたけど余らず(笑)
小さいのを家長用に作っておいて良かった。


f0396218_05042226.jpg
10月末にパーティーをするから、このタルトレシピでモンブランを作る予定!
今から楽しみ〜





by poppo1220 | 2019-09-30 05:09 | Baking | Comments(4)

可愛すぎて悶絶

先日、イタリアンマーケットにあるキッチン用品店で一目惚れしたボウルをついに買った。
可愛すぎる!
こんな可愛いものがうちにあるってだけでワクワクしてしまう!

Mason cashの森シリーズとでも言うのだろうか。
ポルトガル製の陶器でできたボウル。
小さいのと中くらいのを購入。

f0396218_02333259.jpg

この中間のサイズとこれより大きいものもあったけど、この二つの色とサイズ感がいいかなと思った。

大きい方はベージュでうさぎが森で飛び跳ねている。
白い小さいボウルにはキツネが森を歩いている様子が。

f0396218_02361726.jpg

まだ洗っただけなんだけど、思ったよりは軽くて一安心。
ガラスのボウルの方が重くてだるいわ。
話は逸れるけど、Baking系YouTuberってよくガラスのボウルを使ってるけど、それ見た時点で嘘感が満載で参考にする気が無くなる。
カッコつけてるだけで、全然実用的じゃないんだもん。
ガラスのでかいボウルでケーキ生地を混ぜて、型に流し込んでる様子を見たら、なんの筋トレか罰ゲームかと思うわ。
普通にステンレスのボウルでしろよ。

とはいえ、可愛いものに囲まれるのは気分がいいもの162.png

このボウル、形的にも、上部にある段差に指を引っ掛けることができて、持ち上げたりひっくり返したりするのが意外とやりやすい。

それと、形と色がカッコよくて、実用的そうな銅のミキシングボウルも購入。

f0396218_02411325.jpg

小さいのと中くらいので、普段のおかし作りに最適なサイズ。


キャビネットに並べてるだけでも可愛い。

f0396218_02493168.jpg
しかし、シール剥がすのに苦労した。
メーカーや販売店は食器類にシール貼るのやめて欲しい。





by poppo1220 | 2019-07-14 02:50 | Baking | Comments(6)

仕事レベルのお菓子作り

今週は忙しかった。

水曜日はジェロームの論文投稿パーティーのためにチーズスフレを焼いた。
金曜日はボスの誕生日でチョコレートケーキを焼いた。
土曜日は家長のトレジョバーベキューパーティーのためにシュークリームを焼いた。

チーズスフレはなんの変哲も無い普通のチーズスフレ。

チョコレートケーキはちょっと頑張って、ラズベリーチョコケーキにした。
ラズベリーピューレを作って、それを使ってガナッシュを作り、ココアスポンジに挟んで、チョコホイップクリームでデコレーション。
ラズベリーの酸味とフレーバーが効いてて、我ながら上出来だった。
大変だったけどね。
f0396218_02221661.jpg

f0396218_02250175.jpg
もっと大変だったのがシュークリーム。
80個必要だと言われた。。。
1バッチで焼ける最大数が40個(プチシュー)だから、それを2回やらないといけない。
カスタードも卵黄5個を使って作る量を2回炊く。
初っ端からカスタードを被弾して軽く火傷。
でも甘えてられないので怯まず炊いて炊いて、焼いて焼いて。
今回はカスタードにマスカルポーネを混ぜて少し濃厚で口どけの良い感じに。
材料はトレジョから支給されたからね。
敢えて高いマスカルポーネを使うよ!
バターも卵も、全部多めに貰って役得。
しかも一応家長に2時間の時給が追加されるらしいし。
f0396218_02313319.jpg
しかしながら、もちろんダイエット中の私は、味見程度のみ。

そして地獄の1週間は終わった。

メモリアルデイで久々の3連休!



by poppo1220 | 2019-05-27 02:33 | Baking | Comments(2)

ついに紅茶シフォン

紅茶シフォン、やっと練習した。
いつもより多めの紅茶で、少し水分量を増やした。
個人的にはもう少し油分を増やしたかったけど、底上げが怖いので控えめ。
結果、底上げや縮み、気泡も無く、ふわふわで上出来。
味も一応しっとりしてたし、あまりレシピを変えて迷子になりたくないのでこれでオッケーとしよう。
f0396218_20362332.jpg
朝から一切れ(の半分)食べて、やや後悔。
自分で砂糖の量とかわかってるので、まぁ大したことないかと言い聞かせる。
自作するとそういうの管理しやすい。
てか、フィリーにはどうせ美味しいケーキないんだけどさ。

最近、朝ごはんによくオートミールを食べる。
アメリカに来る前はオートミールって何か良く知らなかったから、シリアルみたいなもんかなって勝手に思ってたけど。
良く見るのはロールドオーツなんだけど、私は断然スティールカットが大好き!
だって、プチプチしてるんだもん!
そして健康になってる感が半端ない(思い込み)。
イエローストーンに行った時、宿のレストランの朝ごはんで食べたのが初めてのスティールカット。
そんときは旅行中の頑固な便秘に悩まされてたから、仕方なく食べたんだけど、美味しくて目覚めた。
そして、そのレストランで近くに座ってた家族全員が同じオートミールを食べてて、全員驚くほどスキニーだったのも印象的。
私も習慣にすれば痩せられるかしら?

今朝は家長がブルーベリーをあしらえてくれたからより一層テンション↑
f0396218_20365003.jpg



by poppo1220 | 2019-05-17 20:44 | Baking | Comments(0)

ハイジの白パン

クリームシチューを作ったので、それに合わせて白パンを焼いた。
6個作れるレシピだったので、3つはノーマルの白パン、3つは発酵バターを包んだ白パンにした。
バター入りは家長用。
写真は私の白パン♪
f0396218_00091656.jpg
思ったより美味しくできた。
白く仕上げたかったので、出来るだけ砂糖を減らし、シンプルな配合に。
粉の風味が最大限に感じられる、フワフワとした出来上がりに。
割ったところを写真に撮るのを忘れて、翌日パシャリ。
f0396218_00092895.jpg
いつもパンって翌日にはパサつくんだけど、今回は夕食が終わってから速攻冷凍したので、フワフワキープしたまま。

パン作りの何が好きって・・・
生地を捏ねているとき、特に水分量が多い生地の時、二の腕のぷにぷにを揉んでいるかのような心地よさがあるのよねー。





by poppo1220 | 2019-03-23 00:16 | Baking | Comments(0)
今週から少し春らしい陽気になってきた。
それでもダウン着てるけどさ。

YouTubeでマツコの番組を見て、そこでDEENの池森さんがお蕎麦を語っていた。
どうやら随分前の放送だったようだけど、面白かったし、蕎麦美味しそーー!ってなって、家長に蕎麦をおねだりして作ってもらった。
鶏南蛮蕎麦を乾麺で。
f0396218_00234972.jpg
いつもより濃い目(倍量の昆布と鰹節+干しシイタケの出汁)に作ってもらった黄金出汁を使って。
やっぱ蕎麦美味しいわー。

そしてダラダラしてたんだけど。
日曜の午後になると、どうしてもうずうずして、何か焼きたくなる。
パンが焼きたかったので、前回のバターちぎりパンよりボリュームを増やしたレシピでくるみパンを焼いた。
f0396218_00221933.jpg
持っている角型が11インチ(28センチ)しかないので、だだっ広すぎてちぎりパンにできず。
普通に小さいくるみパンをたくさん作っただけ(笑)
残っていたイチゴに生クリームを添えて、パンの試食。
f0396218_00285819.jpg
我ながら結構イケてるかも?
負け惜しみじゃないけど、ちぎりパンよりもなんとなく美味しく感じるかも?(*´▽`*)
意外とこういう「フツーの」パンってこっちでは売ってないから貴重。

自家製手ごねパンは今のところ負けなしの連勝中。
パンって生き物を扱っているような楽しさがあるから、つい焼きたくなっちゃうね。
ホームベーカリーで焼くのは楽しくなさそうだけど(汗)
キングアーサーの強力粉が残り少なくなってきたので、リピート買いしなければ。

バター大好きな家長からは「クロワッサン焼いて」って言われるけど、めんどくさそうなのでパス。
トレジョで冷凍の売ってるしさ。

このくるみパン、ラボのメンバーにおすそ分けしたら好評すぎて、「レシピ教えてー!」の嵐。
門外不出の秘密のレシピってことにしよう。



by poppo1220 | 2019-03-12 00:34 | Baking | Comments(2)
シュークリームのリクエストが後を絶たないので、またまた焼いた。
ちょうどロシア人のエヴゲニが誕生日というのもあって、お祝いも兼ねて。
数多く焼こうとすると、ちょっと配合がイマイチになるのと、急いで焼くので雑になるし、生地やクリームの量が多すぎて腕が疲れる・・・。
もちろん家長をフル活用するんだけど、それでも大変だった。
(家長はいつもクッキー生地を伸ばして上に乗っける作業担当)
f0396218_01262654.jpg
結局24個のシュークリームを焼いて、翌朝クリームを詰めた。
クレームパティシエールとシャンティのダブルクリームで。

早速ラボのメンバーとシェアしたら、みんな大騒ぎ。
なんか、アメリカには無いファンシーさ。
わかる、わかるよ。
だから私は自作してるんだよ・・・。
味も美味しいと大喜び。
そして「また作って」コールが沸き起こる。勘弁して。

私としては、クリームは完璧にできたと思う。
カスタードクリームは今まで少し炊き足りなかったんだと思われる。
ずっと炊いてると、サラーっとなるのね。
炊きすぎるのが怖くていっつも適当に終わらせてた(笑)
しかも、ポイントとしては、ヘラを使うことだね。
プロは泡立て器で良いんだろうけど、素人にはわからんのよ、タイミングが。
でもダマになるのを防ぐためには泡立て器必須。
なので、前半を泡立て器で、後半からヘラで、という方法でやったのが良かったみたい。

そのことを家長には教えてなかったんだけど、家長が「あれ?なんかクリームが違う!?」って気付いた。
私は正直、全然わからんのだけど。
家長曰く、香りがすごく良くなってる、とのこと。
(私はバニラペーストを使っているので、リアルなバニラビーンズほど、日によって差は出ないはず)
後でネタ晴らししたら「俺様スゲー」ってなってた。

シュー生地は今回膨らみもイマイチ。
それは原因がわかってて、卵が少し足りなくて生地の流動性が足りなかったんだよね。
でももういいやって焼いちゃった。
卵割るのもめんどいから(笑)

ま、そんなに酷い出来ではなかったから良いでしょ105.png




by poppo1220 | 2019-02-26 01:27 | Baking | Comments(4)
私がパラバイオシスの実験を進めていることがファンにバレた。
ってか、ボスの命令だから仕方ないんだけど、ファンに話が通ってなかったらしくて、
なんで私がやってんの?って感じで。
それ以降、ファンの当たりが強い強い。
何かに付けイライラしながら話しかけて、どんどん声が大きく口調が粗くなっていくファン。
彼女、英語がイマイチってのもあるんだけど(ヒトのこと言えない私)、何かトラブルがあるとひたすら声が大きくなっていって相手の話を聞かなくなる。
もう本当にうんざり。。。

そんなときは、ベイキングでストレス発散!!!

前々から挑戦してみたかったパン作りに初挑戦!

なんとなくとっつきやすそうな「ちぎりぱん」が良さそう。

ってことで、強力粉と砂糖、塩、ドライイースト、牛乳、卵を混ぜて、こねるこねるこねる。

香り高いアーミッシュバターを加えて、こねるこねるこねる。
途中から、叩く叩く叩く。
「クッソーファンめ!クソ!クソ!」と、叩く叩く叩く。
f0396218_01413625.jpg
なんともしっとりと弾力のある生地が完成(*´▽`*)
f0396218_01455449.jpg
1次発酵へ。
寒いから室温じゃ絶対無理だし、アメリカのオーブンに発酵機能など無い。
苦肉の策で、ぬるま湯を入れた大きいボールに浮かべて1次発酵。
途中、ぬるま湯が冷めるので入れ替えて、大事に大事にお世話。
f0396218_01482472.jpg
ようやっと1時間くらいして充分膨らんでくれたので、ガス抜きして、16等分に切って、丸めて、ベンチタイム15分。

さらに形を整えて、いい具合の型が無かったので、ストウブのオーブン皿に並べた。
これ、豚肉とか焼きまくってちょっと焦げ付いてるんだけど、まぁいっか!
f0396218_01502809.jpg
次の2次発酵は、さすがにこの形では湯煎作戦は無理だろうと、別の作戦に出ることに。
オーブンを最低温度で温め(170℉=76℃)、少し開けて温度を下げてから突っ込んで放置することに。
f0396218_01541303.jpg
おー、うまい具合に膨らんでくれた!
酵母くんたち、死なないでいてくれてありがとう(*´▽`*)
ちょっとこの膨らみ具合は感動もん。
ってか、1次発酵もこの作戦使えば良かったわ(;'∀')
f0396218_01542096.jpg
卵液を表面に塗り塗りして、、、
焼成したら、、、
バターとイーストのいい香りが充満!
f0396218_01592170.jpg
幾億の酵母くんたち、ありがとう!
私にストレス発散と感動と美味しい食事を与えてくれて、本当にありがとう!
すでに夜10時だったけど、まずは焼き上がりすぐに試食!
私が1個食べて、家長は2個もペロリ。
美味しい!感動!
翌朝、シチューと一緒にいただきました(*´▽`*)
冷めても美味しい!

私的にはまだ少し酵母の臭いが気になるのと、バターを使いすぎた(型に塗るのに入れすぎた)からちょっとくどくなっちゃった。
彼は「それが良いんだ!」と褒めちぎってたけど。

またストレスを感じたらパンを焼くことにする。

本当にすっきりしたわ(*´▽`*)♪♪






by poppo1220 | 2019-02-23 02:03 | Baking | Comments(2)

お菓子作りパーティー

キャシーが「チーズスフレの作り方を教えてほしい」とのことだったので、一緒に焼くことに。
ついでだったので日本人友人のM子ちゃんも呼んで。
キャシーはブラジル×日本のハーフだけど、生まれはアメリカで完全なアメリカ人。
日本語を勉強したらしいけど、まぁ意思疎通はちょっと難しいかなというレベルの初心者。
それでも私のお菓子作り語彙はほとんどが日本語だから、ごめんけど日本語で押し通した(笑)
だって、日本のクックパッドやYoutubeで独学でお菓子作りを勉強したから、英語の訳はめんどくさい。
その場で焼きながら~だから日本語ゴリ押しでも問題なしよ。

チーズスフレの仕込みが終わり、焼き待ちの間に、リベラ家の家長(注:私の彼、アメリカ人)が腕を振るって麻婆豆腐を作成。
彼の麻婆豆腐は絶品。
中国人Youtubeのレシピを参考にしてるし、本格的な豆鼓と豆板醤、花山椒、唐辛子をアマゾンで購入しているから、間違いない!
みんな「美味しい美味しい」と言ってたくさん食べてくれた。

f0396218_06192695.jpg

そのあと、別腹も圧迫された状態で食後のケーキを。
焼きあがってまだ温かいチーズスフレと、前日に焼いておいたモカロールケーキを。
モカロールはインスタントコーヒーを使ったんだけど、私流の勝手なレシピで、少しコーヒーの味が濃すぎた(汗)
コーヒー10gずつを生地とクリームに入れて、クリームにはさらにマカダミアナッツを追加。
まぁでも、悪くはない。
うちの家長はコーヒー味のお菓子が好きじゃないので食が進まない。(コーヒーは依存症ってくらい好きなのに)

f0396218_06193386.jpg

そのあと、ニューイヤーパーティーのJeopardyの武勇伝を家長が得意げに語り始めた。
クイズを見せると、意外とキャシーも答えることができて、家長ヤバし(焦)な状態。

そうそう、私の周りだけかもしれないけど、日本大好きな外国人って多い。
M子ちゃんにアプローチしているロシア人がいるんだけど、私が「彼は日本文化大好きだから、それがきっかけでMちゃんと話したいって思ったんじゃない?」て教えたら、「なんかそれってちょっと嫌かも、失礼じゃないですか!?」って同意を求められた。
( ゚Д゚)???
よくわかんない。全然失礼じゃないと思うんだけど・・・。
「日本好きだから日本人女性と話したい」
アリでしょ??
実際、うちの彼もそうだと思うし。
話す必要があるのに「〇〇人とは話したくない」ってのは絶対ダメだと思うけど。

ここは多様性の国、アメリカですよ。
自分のアイデンティティーを最大限に活用しましょう!!

ま、またお菓子作りパーティーやりたいなーって思った。




by poppo1220 | 2019-01-28 06:09 | Baking | Comments(4)

卵白消費のメルベイユ

冷凍卵白が二つあったのと、なんか焼こうかなーと思ったので、初めてメルベイユに挑戦。

f0396218_01385962.jpg

以前ワシントンDCでメルベイユを中心としたフランス菓子屋に行って初めて食べて感動。
私マカロンとか甘すぎて嫌いなんだけど、メルベイユだったらフレッシュなクリームだから甘さも軽減されて食べられる。
それでも焼きメレンゲは相当甘いんだけど。。。

一応、その再現レシピということで、自分なりに勝手にアレンジしながら作成。

まずはメレンゲを焼いて、

f0396218_01381404.jpg

バニラホイップクリームを作って、

f0396218_01382915.jpg

形を形成して、

f0396218_01380286.jpg

クリームを周りに塗って、粉砕したスペキュルースクッキーをまぶす。

f0396218_01375058.jpg

ただこれだけ。
なのに美味しい。
それぞれのパーツは、私はあまり好きじゃなかったんだけど、全部が一緒になると何故か美味しい。
サクサクとした焼きメレンゲにバニラ香るクリーム、スペキュルースの独特の甘さと風味がアクセントに。
これは簡単なのにすごく凝っているようなプロっぽい仕上がりになってイイ。

チョコレートクリームでもできるので、何かお呼ばれしたときはまたこれ作ろうかな。

問題点はね、卵白2つしか使ってないのに、食べきれない量ができてしまった。。。



by poppo1220 | 2019-01-23 01:42 | Baking | Comments(4)