人気ブログランキング |

日本で長年勤めた会社を辞めてアメリカに転職しました


by ぽっぽ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:嫌なこと( 24 )

新しいアパートに引っ越したのが7月初め。
以前のアパートの契約が終了したのが7月末。
そして、1年しか住んでおらず、別に汚く使っていたわけでもないのに、なぜか半額ほど差っ引かれた私のセキュリティデポジット。

もうね、イイのよ別に。
だってそこのアパートのマネージメント会社、特に担当のジェニールの態度が酷いから、抗議するつもりもない。
初月度の計算間違い、犬の糞の害、壊れた窓、壊れた暖房調節、使えなかった食洗器、すべてのリクエストがほぼガン無視されて終わった契約。
早期に出ていきたいと言ったら、次のテナントを見つけてきたとしても違約金4か月分($5400)払えとか言って来た会社。
最終的に出ていくときに、実は窓のロックができてないことに気付いたりもした。
それで家賃が$1350もするんだから、いい商売だよね。
そしてクリーニング代にデポジットの半額ほど取られて、返ってきたのが$600。
何も破壊してないし、今までデポジットが全額返ってこなかったことなんて無かったから唖然。
それでも、もういいのよ。縁を切れるのなら。

で、家長が「ポッポの宛名で小切手を送ってください」とお願いしたにも関わらず、
宛名は「家長とポッポ」
この場合、銀行では小切手のお金を私の口座に入れられなくて、両名のJoint Accountが必要だと言われた。
まぁ、今回もジェニールのミスなんだし、もう一度発行してくれるでしょ、とメールしたところ、
その返事が、
「ポッポさんの名前だけで小切手を発行するには家長様の承認が必要になります。さらにその手元にある小切手を送り返してください(うちら負担)。」
さすがにカチンと来ちゃって、
「初めに依頼をした段階から、私の名前宛に小切手を発行するように家長から依頼しておりますが。。。
メールを探してみてくださいよ。
そもそもあなたのミスでこうなっているのですが、もしそれでも謝罪なしで私たちにあなたの尻拭いをして欲しいと言うのならやりますけど。」
と抗議のメールをした。
そしたら、さらにジェニールから、
「なんでそんなに下品なメールをするのか理解できません。
以前のメールは私のミスに関する謝罪だと受け取れませんか。
こんなメールをあなたの母親や姉が受け取ったらどう思うのでしょうか?
私だってミスをしますよ、人間ですから。
でもこんな風な言い方をするのは良くないと思います。」
ここまでは良いのよ、別に、あっそって感じで。
最後の一文がびっくり仰天で。
「謝罪は絶対しませんし、あなたの人生に関わってあなたみたいな人を扱わなければいけない他の人々が不憫でなりません」
おっと、人間性否定まで来たか。

そして、家長がさすがにカチンと来て、
「そもそもこの件だけではなくて、様々なアンプロフェッショナルな対応に私たちは辟易してるんです。
口先だけでなんとかしようとしないでください。
正直言うと我々の知り合いのテナントもあなた方に辟易しており、このミスがあなたの最初で最後の小さなミスのような言い方をしないでください。
ブリックマネージメントという会社は実際評価が酷いですし、それが物語っていると思いますが。」
と、家長にしては珍しく攻撃的。

そしたらジェニールまだまだ止まらない。
「口先だけじゃなくて人間として意見を言っているんです。
これまであなた方を侮辱したことはありませんし、しようとしたこともありません。
ただ、私はかの有名な女性が言った
”彼らが下に行けば我々は高く上がる”
(あんたたちは品が無いけど私は違うわよ)
を教えにしたいと思います。」

だって。

なんか調べたらミシェルオバマの言葉らしいね。立派立派。
確かにジェニールは素晴らしい。
顧客のメールを無視したりムカついた時だけ返事したりするだけで生きていける程度のお金を貰えるなんて、よっぽどレベルが高い人間でしょう。
私なんか、朝から晩まで実験して、論文読んで、論文書いて、世界でだれも知らなかった新しい発見をして、それでやっと彼女レベルのお金を貰えてるんだから、非効率な人間だよね。
でも私は自分の人生のほうが有意義で充実していると思えるから、ジェニールが羨ましいけど仕方ないかな。

ってか、もう$600すらいらんわ。
こんなに感情的でプロ意識ゼロのキチガイ、初めて見たわ。





by poppo1220 | 2019-09-10 03:36 | 嫌なこと | Comments(4)
毎度のラボの愚痴。

うちには3人テクニシャンがいるけど、とにかく使えない。
「テクニシャン」って言ってるけど、別に何かテクニックがあるわけでもなく。
正式には「リサーチアシスタント」。
アメリカではマスターやバチェラーレベルだと研究者として見てもらえないので、ただの補佐役。
正直、日本や台湾の「マスター(修士)」ってすごくレベルが高くて、他の国のマスターってただの飾り。
レベルの低いほうに合わせないといけないから仕方ない。

うちのテクニシャンのひとりはインド人男のReddy。
動物実験を主に担当していて、かと言って尾静脈注射や手術なんかはできない。
動物の管理と、簡単な薬剤投与、遺伝子改変マウスのチェック(Genotyping)くらいしかできない。
実はGenotypingすらまともにできない。
サイコパスで人を操るのが上手いから、アメリカで生き残っている。
背が高くてシュッとしてて、カッコいいから、他のラボの人から見ると「すごく出来のいいテクニシャンが居てイイね!」ってトンチンカンなことを言われる。
基本的にさぼりたがりで、日中のほとんどを遠くの友人と電話することや、研究所内の他のインド人とお茶をすることで費やす。
彼が仕事をしなさすぎることから、一度全員から袋叩きにあったけど、なんとか首の皮一枚でつながっている。
うちのボスは甘いからクビにしないだろうなぁ。

インド人女のスリーシャ。
彼女はインドでMDを持っているけど、もちろんそんなの何のライセンスにもならない、この国では。
主な仕事はクリニカルスタディ。
臨床試験で得られた患者さんの血液から細胞を単離して、簡単な実験をする。
正直、誰でもできる実験な上、最近は臨床検体が来ないから、ほとんどの時間をネットサーフィンで費やす。
精神的に難ありな人で、何かに付けハラスメントだと騒ぎ立てるタイプの人間。
ちょっとでも仲良くすると、勘違いして(男女関係なく)毎日何十通とテキストを送ってくる。
誰もがその洗礼にあっており、辟易している。
今は誰からも相手にされておらず、悲劇のヒロインフェイズに入った模様。

最後はパートタイムのジョナサン。
3人の中では一番若くて、素直で、言われた仕事はきちんとこなす。
動物実験の補佐的な役割ができるけど、パートタイムなので器具の洗浄や滅菌、安全衛生管理とかが主な仕事。
ボスからあまり好かれていないので、一度の小さなミスで、フルタイムからパートタイムに格下げになった。
アメリカ人だけど(失礼)、自己主張が無いし、優しくて、謙虚で、とてもいい子。
みんな彼のことを好きだと思う。
ただシャイなのとドライなので、会話が続かないのが私には苦痛。

そして今回私をムカつかせたのはもちろんスリーシャ(笑)
試薬の注文をとりまとめて、ボスに承認をお願いする、(すべてコンピューター上)という仕事を彼女がやっている。
月曜日と木曜日に発注をかけるんだけど、なぜか
「ぽっぽ、今週(月曜)はあんたの注文しか無いから次のタイミング(木曜)でボスに承認をお願いするんでええよな?」
と言って来た。
いや、意味わかんないんだけど。
なんで注文が少ないとスルーされるわけ?
で、私が「いや、注文して欲しいんだけど。あとこの試薬は私だけじゃなくてケビンとTKも使うから。」
って返信したら、なぜかケビンとTKに
「ケビンとTKは木曜の発注でもええやろ?」

( ゚Д゚)
スリーシャ聞いてた?
私はすぐにでも発注してって言ったのに、まさか民主主義に基づいて多数決で解決しようとしてる???
しかもその二人、別に投票権無いから(笑)
私の実験試薬をハイエナのように狙ってるだけだから(笑)

そしたら【キング オブ 空気読めない】のTKが一言。

「ありがとう!すぐに注文してね!」

で終了。

さすがTK!
こういう時英語のニュアンスが理解できない人って最強だよね!!!

あとでケビンと爆笑した。





by poppo1220 | 2019-09-05 06:06 | 嫌なこと | Comments(2)

ムカつくメール

うちの研究所は組合というか、研究員たちが集まってレクリエーションをするような機会がある。
4人の運営係が居て、ある程度の予算の中で、ある程度の自由度で、研究所内での交流を推進する目的。

その運営の人たちが、International Potluck Partyを企画して、その招待メールがこちら。

f0396218_04052472.jpg
これ見て、私は正直言うと、すげームカついた。
私は超性格悪いから。
「だったらアメリカ人と中国人とインド人とイタリア人で不味い飯でも食ってろよ」て本気で思う。
それ以外の人たちはウェルカムではないんだろうなって。
もちろん、このメールを書いたイタリア女は無神経でケアレスで、アホだからこんなメールを確認せずに全員送信したのはわかる。
アホなのは仕方ない。
にしても、人をpissed offさせる才能に満ち溢れてるよ、この女。

で、最悪なことに、さらに今日(だいたい1週間後)、同じメールがコピペで全員に再送された。
いや、もうこれ確信犯でしょ笑
呆れるわ。

そんな話を同じラボのメンバー(このメールの犯人たちはいない)で話していたところ。
プエルトリコ人のケビンは激しく同意、というか、私よりも怒り狂っていて、彼女たちに直接言う、ということ。
私は公言したんだけど「私は性格悪いから何も彼女たちに言わないし、ただ行かない。これからも彼女たちとは関わらないだけ。活動を支援しない。」
で、フランス人のジェロームは超性格が良い人なんだけど「僕は何も感じないし、ウェルカムだと信じてるし。でも、ぽっぽは行かないだけじゃ彼女たちに伝わらないよ?」
私「いやいや、だから私は意地悪なんだって。そんなチャンスも与えない。私の中では終了。ケビンみたいに優しくないから、悟らせるチャンスすら与えない。」
私が望むことは、彼女たちのイベントがすべて失敗に終わり、つまらない運営だったと思われること。
それのみを願う!!
性格悪くてごめんね!!!

それにしても、ヨーロッパ人って性格良すぎない?
他にも「そんな意図はないし、オーバーリアクトだよ」とか言ってる人もいた。
ごめんね、性格悪くて愛国心強くて!!!



by poppo1220 | 2019-01-15 04:00 | 嫌なこと | Comments(2)

引っ越し荷物のその後

韓国系引っ越し屋のT movingという会社に引っかかり、散々な目にあった。
以前一度ここで愚痴って、それから1ヶ月くらいでやっと荷物が到着した。
もうね、本当に酷い目にあったから私の脳や心が「自分を守らなきゃ」って忘却のかなたに推しやろうとしている。
そうすることで平静を保てる。
そのレベルの酷さ。

その後、わざわざ携帯電話のプランを変えて、国際電話できるようにして、ついにTmovingに電話突撃した。
その時は肩透かしで「担当者はいません」って言われたんだけど、とにかく電話するようにと伝言した。
翌朝、時差があるから朝6時とかに電話がかかってきた。
まだ届かない、なんで遅延の連絡をよこさないのか、今私の荷物はどこにあるのか、どういう了見なんだ、と、とにかく責める私。
はい、私性格悪いんで。
こういうクレームはネチネチしつこくやらなきゃ。
向こうはカタコトの日本語で「もうアメリカに着いてるはずだからわからない」と暖簾に腕押し。
(そのアメリカ現地法人も「Hyundai Express」と名乗っておきながら、あの車の「Hyundai」とはまったく関係のないクソ会社だったことが後に判明)
そんな「暖簾」でも絞りたいだけ絞ってやれ、と、ひたすら慇懃無礼にしつこく「なぜ?」「どういうことか?」「どうなっているのか?」を繰り返していたら、ついに相手(実は社長らしい)がキレた。
「何度も言ってるだろ?俺が言ったことをお前は信じられないのか?」と言って来た。

「は?何「お前」とか言ってんの?日本語わかる人に電話代わってくれない?」と相手がもっともコンプレックスであろうところを突いた。
そしたら本当に火病って火病って。
もう手がつけられなくなった。
なんかどうでもよくなって、「ああ、もうわかったわかった」て切った。

その後、1ヶ月くらいしたころか、やっと「ヒュンダイエクスプレス」から数日以内に届けるという連絡が来た。
いや、日にちわかんないと仕事休めないから、せめて日程決めてくれない?決められないならドライバーの電話番号教えてくれない?と言って、すぐにドライバーに電話した。
「あのーフィラデルフィアで荷物の到着を待ってるぽっぽというものですが」
ドライバー「は?誰だよ?」「誰かわかんないよ!誰だよ?」とこちらもカタコトの人。
もうね、嫌になってブチって切ったわ。

その2日後くらいに私のところにその「誰だよ?」って言ったやつ(メキシコ不法移民)から電話がかかってきて「お荷物明日お届けしたいんですが」って。
お前私に「誰だよテメー」とか言っておきながらしおらしく電話かけてんじゃねーよ!て思いつつも、了解。

当日、日中に来るといいながらやっぱり来ない。
電話がかかってきて、今日中には届けられそうにないから、先にノースカロライナ行ってから2−3日後に戻ってドロップする、とのこと。
ふざけんなよ、こっちは5ヶ月待ったからもう1日たりとも待たねーよ!夜中でいいからもってこいやゴルぁ!と言って持って来させた。

その後、夜中にやっと私の11箱が私のアパートに!!!

不法移民が「40ドル払え」という。
たぶん船上保険とかなんかだろうな、と思いつつも、とにかく沸騰しまくってる私は「なんのために?支払い目的がわからないのに払えるかボケ」と言った。
不法移民はなんの権限もないので、「じゃあボスに電話しますんで直接話してください」とヒュンダイボスに電話。
ヒュンダイボス、支払い目的も説明できない。英語力も仕事力も下の下。底辺ですわ。
で、「支払い目的もはっきりしないのに払えない」と言ったら、「じゃあ荷物は渡せない」とのたまう。
「は?今私の11箱が私のアパートに鎮座してて、何の権限があって持って行こうとするわけ?」
で、ヒュンダイ野郎がメキシコ不法移民に電話で「荷物を取り返せ」と指示。
メキシコ不法移民は、うちの彼がスパニッシュで話してくれるから少しこちらの肩を持ち始めていたところ。
ボスに対して「そんなバカなことやるの?せっかくカリフォルニアからここまで運転して来たのに!?」と抵抗。
電話を切った後に「ボスがこう言うから僕にはどうしようもない」と不法移民とうちの彼はショボーン。
私は怒りまくってるから「ああ、いいよ、じゃあ持って帰れよ」と我を失う。
でも、まぁ、彼になだめられて、40ドル支払うことにした。
メキシコ不法移民にもチップ20ドルあげたら「こんなの貰えない」って言ってたけど、飯代だと渡した。

荷物自体は全部無事で、すべてがちゃんと到着した。

いやーいまさらだけど私沸点低いしめんどくさい性格。


後日談だけど。

こないだニュージャージーの知り合いのおばちゃんのところに泊まった時、プエルトリコ仲間のゲイのおじさん2人が遊びに来てくれてて、うちの彼が日本語勉強してることを自慢した。
で、いわゆる侮辱言葉について盛り上がったんだけど、英語だとマザーファッ○ーとかサノバ○ッチ、スパニッシュだともっと酷い言葉があるとか。
日本には侮辱言葉あるの?って聞かれて、そんな酷い言葉は無いわーって答えたんだけど、
彼が「え、ぽっぽ、Tmovingと電話口で「お前」って言われただけですげー怒ってたのは何?」
私「・・・」
他の人たち「「お前」って何何?ワクワク」
彼「tu (スパニッシュでお前)」
他の人「は???tuで無礼なの?え?え?」
一同爆笑。
確かに、プエルトリコ人は普通に「カブロン」とか言い合ってて、なんで「お前」がキレるポイントか全然わかんなかったみたい。
その点、日本人はいつでも礼儀正しく丁寧な言葉を使うから、ちょっと砕けた言葉でも侮辱されたと思うんだよねー。

だいぶ時間が経って私の怒りも収まり、この会話で引っ越し屋のことを思い出したついでに記録。

はぁ・・・疲れた。


f0396218_06311572.jpg
写真は、今朝、残り物のターキーとグリルドオニオンで(彼が)作ったサンドイッチ。
パンは濱田家で買って来た日本の食パン♪



by poppo1220 | 2018-11-24 06:33 | 嫌なこと | Comments(4)
海外引越しで「Tmoving」という会社を使ったんだけどとんだインチキ会社だったかも。
4月中旬に荷出ししたのに未だに到着せず。
契約時は「60日くらい」という話だったのに、2ヶ月経っても連絡がなかったからメールしたら、船のスペースが確保できなくて遅れる、と後出しで言ってきた。
その後、補償の話や出港日と出航した証明書をお願いしてもひたすら無視されている。
まったく音沙汰がない。
電話しても国際電話だから繋がらなかった。

どうしたものか。。。

ちなみに、私はリベラルな人間なのでジャッジしたくないんだけど、この会社は韓国人で運営されている。

詐欺にあってしまったかな。

本真珠のネックレスも、彼と買った日本製の包丁も、あちこちから買い集めた食器も、日本で買った大量の洋服も、ふわふわの羽毛布団も、買いだめした日本製の快適な生理用品も、二度と見ることはないのかな。
海外在住は泣き寝入りしかないのか。


by poppo1220 | 2018-07-19 03:22 | 嫌なこと | Comments(3)
先々週だったか、髪を切った。
近所で看板が出ているやっすいお店で。
白髪染めがしたかったので、1900円で染められる&1200円のカットに惹かれて。
私、年の割には(?)髪がすごく多くて固くて、白髪も多い。
40そこそこで白髪だらけ。
だから3週間ごとくらいにセルフで染めてるんだけど、なんせ髪が多いから内側まで綺麗に自分で染められない。
だからたまに美容院で染めて貰う。
これは母親からの遺伝かな?
母親も白髪が多くて、しょっちゅう抜いてた(笑)
全部の白髪を抜きまくってて、それなのに60過ぎて癌になっても黒いしっかりした髪だった。
確かに染めるのはめんどくさいけど、抜くってどういうこと?(笑)
今思うと変だよね。

そうそう、それで、2週間ほど前に安い町角美容院でカットと白髪染めをしたんだけど、カットはイマイチだった。
イマイチどころじゃないかも。
オバサン美容師さんがやってくれたんだけど、
希望の髪形聞くとき、私が「今ちょっと前下がりなんで」って言ったらかぶせるくらいの勢いで「これ前下がりじゃないから!」とか否定してくる。
「え、前の美容院で前下がりにしておいたからって言われたんだけど、まぁそうじゃないならいいや」ってキレ気味に言った。
「ま、どうでもいいから全体的に2センチくらい切って。私髪型に拘り無いから」て伝えた。
そのババア、ほとんど全部カミソリでやりやがった。
ガシガシと短く削って、前髪だけはハサミ使ってたな。
カラーは経営者みたいな別のオバサンがやってくれたんだけど、「若いのに白髪が多い」「髪が多くて白髪染めのクスリが足りないからちょっと料金高くなる」とか、別にお金のことはいいんだけど、白髪多いねーとかココ全然染まってないよ!とか、すごい不愉快だった。

で、出来上がった髪型は、左右の長さは違うわ、翌日から全然まとまらないわ、散々な状態に。
今はとりあえずぼさぼさの戦災孤児みたいな状態で生きてる。
マッシュルームカットで短いから結べないし。
いいのよ、別に。気にしないわよ。

次は元の美容院で4000円払おう・・・。




by poppo1220 | 2018-03-28 13:35 | 嫌なこと | Comments(2)
退職してすぐに次の仕事が始められると思ったら大間違い。
なんで私ってこんなに世間知らずなんだろう。
まだvisaの問題が解決していないけど、まぁそれは置いておいて。

まず、退職金は退職後1ヶ月ほどして振り込まれる。

その後、半月くらいしたら住民税の納付書が届くから、支払わなくてはいけない。

同じくらいの時期に確定拠出年金の書類が届くから、手続きもしなくてはいけない。

結局、退職してからすぐに海外で働くことは不可能ってこと。

その手続きを待っている間、誰が給料払ってくれるの?
なんのために私は足止めされてるの?
なんで海外送付とかオンライン納付とかできないの?
なんでこの国は働ける人材を働かせないようにしているの?
なんでこんなに効率悪いの?

何がイヤって、問い合わせとかで関わったすべての人が他人事でどうでも良さそうで。
すべてがマニュアル通り。
これぞまさに日本のステレオタイプ。

諦めて退職後2ヶ月は日本に留まることにしよう。
バイト探さなきゃ。




by poppo1220 | 2018-03-19 13:17 | 嫌なこと | Comments(0)
今の会社に多いんだけど、仕事を抱え込む人。
抱え込むと言うと聞こえはいいかもしれないけど、私から見ると「しがみついてる人」
私のいる部署はチーム制になっていて、チームリーダーがいくつかのプロジェクトを持つ。
そのプロジェクトについてデータを出すのがチーム員の役目。
出すよ、出すけども。
もっとまともな「リーダー」はいないの?
私の思う理想のリーダー像は、

1.ハイレベルなプロジェクトの目的を共有してくれる人
2.ある程度の方針を示すけど、仕事を任せてくれる人
3.データを出したときに議論ができる人
4.上手く行かないときに解決策を一緒に考えてくれる人

ぶっちゃけ、全部が「コミュニケーション」でまとめられるほど。
とにかくインプット・アウトプットについてハードルの無い人が良い。

私の中で、またダークぽっぽがいるんだけど。
今のリーダーは尊敬できない。
どう逆立ちしても、尊敬できない。
人としてはやさしいから良いんだけど。
何が尊敬できないって、実際の事例を対照的に書くけど、

1.プロジェクトの目的を共有してくれないから実験が組みにくい
  (あれもこれも、と貪欲になりがち。そうじゃなくて欲しいデータは何なの?怒)
2.実験を分担させるからモチベーションが下がる
  (同じ実験ばかりを繰り返すことになる)
3.データを出しても意味がわかってないから説明しなきゃいけない
  必要なデータ以外の面白いデータを見せても響かない、共感してもらえない
4.上手く行かなくても実験のことをわかってないからまったく相談できない
  単純に「解析PCのメモリを増やして欲しい」ってのすら動いてくれない

ひとつのプロジェクトですらコミュニケーション低くてモチベーションがどんどん下げられてるのに、この人2つも3つもプロジェクト抱えてるんだから困る。
そして自分が頼みやすい人だけに実験をお願いしたりする。
いいんだけどさ。辞める身なんで。
やっぱりアメリカのときのボスは素晴らしかったなーと。

私はチームリーダーじゃないんだけど、できるだけ後輩たちとコミュニケーション取って、ポジティブなフィードバックをするように心がけている。
反面教師からそれを気付けただけでもいいのかな。
私はラッキーなのかもしれない。





by poppo1220 | 2018-03-09 19:58 | 嫌なこと | Comments(0)

International Women's Day

今日はInternational Women's Dayということなので、少し自分が女性であることについて考えてみる。

去年の年末くらいから私と彼の中で(世の中的にも?)ブームだった、Humongous videoがある。
くだらないdad joke(親父ギャグ)に対してセクハラだ!と騒ぎ立てる女性運動家。
うちらはそれ見てゲラゲラ笑ってたんだけど(笑)
たまにそういう人いるよね、過剰にセクハラだの騒ぎ立てる人。
あーダメだ、Humongous video思い出したらニヤけてしまって全然書けない。
英語わかる人はググって見てみて。

で、私はその動画とか、他にも過剰に愚痴ったりしてるオバサンたちを見て来たから、あまり自分の周りで起こることについてはハラスメントだとか騒がないでおこうって思っている。
そんな私ですら日本って女性の地位が低くて大切にされていないなーってやっぱり思ってしまう。
ただ、私も女性を差別している人たちのひとり。
自分でも気をつけないといけない。
例えば営業の担当が女性だった場合、ちょっと頼りなく思ってしまう。

私がよく目にしたり受けたりすることはphisycalなハラスメント。
満員電車でめちゃくちゃ押してきたり、ホームで歩いてても割り込んできたり、ぶつかったりされる。
それはみんな良くあることだよね。
私はちょっと酷い経験をしたこともある。
駅に着いたときに、おじさんが網棚から荷物を取った。
その瞬間に、隣に立っていた私の目の辺りにおじさんのエルボーが直撃した。
マジですごい勢いで。
周りの人が驚くくらいの勢いだった。
で、おじさん無視して降りて行っちゃった。
周りの人に「大丈夫ですか?」て心配される始末。
大丈夫だったからいいけど。
それは事故だったと思ってるけど、日常的な体当たりはよくあること。
で、ヤクザみたいなごっつい人にそうするだろうか?と考えたら、やっぱしないでしょう。
実際私の彼が一緒にいるときに「女性だからってわざとぶつかってる気がする」って言ってた。
アメリカはレディファーストの社会だから、女性にぶつかるなんてもってのほか。
別にレディファーストになれと言ってるわけじゃない。
一人ひとりが意識を変えないとどうしようもないから、今すぐ何かできるわけでもない。
意識の問題は教育の場から変えていかないと変わらないでしょう。

あと、女性=低収入ね。
私と元旦那でマンションを購入しようとしていくつか候補を見て回っていたときのこと。
毎度毎度、旦那のほうにすごくアピールしてくるんだよね。
本当にあからさま。
実際に契約したとき、私の収入見て態度変えやがった。
営業だから仕方ないかもしれないけど、人の顔が金に見えてるんじゃないの?
無意味な固定観念は捨てよう。

あ、あと、アメリカで彼とフードコートで食事したとき、私が支払っていたら白人のじいさんに「なんで女のお前が払うんだ」と言われた。
めっちゃ真剣で怖かったから「え」て固まったら、
彼が「今何年だと思ってるの?2017年だよ」ってじいさんに言ってた。
その切り替えし、いいよね。

他にも細かいことならたくさんある。
今の会社は女性が登用されていない。
目に見えない女性差別ははびこっている。
ただ露骨に言ったりしていないだけで、やっぱり存在するのは感じる。
私の退職にまつわるエピソードも、男性だったらここまで嫌がらせされていたか?と疑わしい。
日本で国際学会が開かれたとき、シンポジウムなどの講演者たちが集まって交流レセプションをすることがあるんだけど、私のアメリカのボスが「100人以上の会場に女性が3人しかいなかった」と言っていた。
「そんな国にいて、お前は大丈夫か?」と心配してくれた。

そういうタイプの女性蔑視(女性活躍の場が少ない)が日本にはびこっているのは女性に問題があるからだと私は思う。
女だからいつでも仕事辞められる。あまり仕事に執着する必要も無い。女の幸せは結婚すること。マネジメント職に就くよりは今の下っ端の仕事を続けて給料を貰い続けられればいい。
と考えている女性は多い。
自分で自分のリミットを決めている。
周囲のおばさまたちも活躍する女性を見ては陰口を叩く。
カッコいい女性は出る杭であって、叩かれる。
女性の敵は女性。
自分の敵は自分。
私はこの国にいても自分の将来が予想できない。
自分で切り開かないといけないんだから、躊躇する。
その点、アメリカには目標となる女性サイエンティストは多くいる。

女性も男性も、お互いの違いを受け入れて大切にしあうのが健全だよね。
下を見ればキリが無いけど、日本はまだまだ発展途上だと思う。
これを機会に、私自身も女性差別・男性差別をしないように気をつけようと思う。
誰に対してもリスペクトしないとね。






by poppo1220 | 2018-03-08 10:08 | 嫌なこと | Comments(2)

陰口たらたらの上司

以前の2月27日に起こった出来事。
波に乗ってきた定期的な出張仕事を突然奪い取られた。
その場で「人事部がそう言うから」という他人のせいにした理由に対して「わかりました」と伝えたはずなのに。

同僚のA子が「この間、上司が出張をストップさせた件についてぽっぽが何て言ってたか聞いてきた」って。。。
そのあとその上司、A子にその件について説明(という名の雑談)をしたらしい。
言っておきますが、A子はその件についてはまーったく無関係。
これはただの陰口でしょう。
言いたいことあるなら私に言えよ!
そしてそれを嬉々として語るA子にもうんざり。

私だってクソ上司、吐き気がするほど嫌いだけど、仕事だからしっかりと直接本人に報告と連絡はしている。
しかもその件についてA子には事実しか話していない。
私が愚痴るとでも思ったわけ?

もう誰とも口聞きたくないわ。
ひたすら食べ物とかテレビとかのどうでもいい話で話題を埋めたい。
もうね、人の噂とか、人の陰口とか、誰が何を言ってたとか、そういうのやめにしようよ。
くだらなさすぎる。

人の陰口や悪口を言う人って、自分に自信が無い人らしい。
確かに。
人の陰口を言うことで、自分がいかに優れた人間か、を主張したいのだろう。
人を落とすことで自分が上がるみたいな。
あと、私が彼の本質を知ってしまったからか。
私の口から出てくる言葉には何の意味も無いんだよ、と防衛線を張っているのかもしれない。
あとは自分のテリトリーを強固なものにしたいのかもしれない。
共通の敵(私)の悪口を言うことで、一丸となれるんだろう。
まとめると、
・自己顕示
・自己防衛
・結束
なのかな。他にあるかな?

くっだらない。



by poppo1220 | 2018-03-06 19:17 | 嫌なこと | Comments(0)