<   2018年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人種差別・・・なのか?

マイアミにはリトルハバナという地域があって、そこにはキューバンレストランがたくさんある。
マイアミはキューバ人が多く移住している。
ベネズエラやアルゼンチンからの移民も多いけど、キューバ人が圧倒的に多い。

レストランに行くのにLyftに乗ったんだけど、運転手の親もキューバ人、乗り合わせたおばあちゃんもキューバ出身。
そのばあちゃん「アメリカ大好き、最高の国だわ」と褒めちぎる。
後から彼に聞いたところ、典型的なキューバ人ということ。
意外すぎてビックリ。
アメリカに移住したキューバ人は愛国心(注:アメリカに対する愛国心)がすごく強くて、かなり右寄りなんだそう。
「もうキューバとか帰りたくない、どこその国?」って状態らしい。
混乱だよね、この状況。
彼はカストロのこととか?いろいろ説明してくれたけど納得できず。

で、そのキューバばあちゃんがオススメしてくれたお店に同僚(ケビン・プエルトリコ人)と行くことに。
案内係の女性が私とケビンを連れて席に向かっていると、突然年寄り男性のウェイターが私の前にたちはだかった。
そして、謎の呪文を唱え始めた。
全員唖然。
でも、なんとなくサウンドが「ちゃんしぇんしんしゃんちゃん・・・」みたいな感じで、あー中国語っぽく話してるんだろうなと。
しかもそのじーさん顔が険しく真面目。
案内係の女性に困惑の顔を向けると、彼女も苦笑い。
スルーして席に着いた。
ケビンが「あの人なんて言ってたの?」
私「さぁ、なんか中国語っぽいサウンドで話してる風だったけど中国語でもなかったと思うよ」
ケビン「えええ、てっきり日本語で話しかけてるのかと思った!完全にレイシズムじゃん!」
私「うん、完璧なレイシストだったよ。まぁどこにでもいるでしょ」
私よりケビンのほうが驚いてすごく怒ってたけど笑

キューバ人がアメリカに移住して「アメリカ大好き!他の人種まじウゼー!」ってなるのはホント意味不明。
ケビンの友人のプエルトリコ人もマイアミに住んでたら人種差別が酷すぎて嫌になってニュージャージーに引っ越したらしい。
キューバはちょっと憧れてて行きたい国だったけど、だいぶ印象悪くなったわ。
たぶん現地の人たちはそんなことなんだろうけどね。

料理は美味しかった!!!
f0396218_23150556.jpg
f0396218_23160529.jpg
私はキューバンサンドイッチとFufu(マッシュドグリーンプランテイン)、フライドスウィートプランテイン、ケビンはエビのガーリック炒めとライスのセット。
プランテイン大好き!




[PR]
by poppo1220 | 2018-11-30 23:18 | アメリカ生活 | Comments(0)

職場で勉強するラテン系

写真は彼から時々くる「勉強してます」アピール。
意外とうまい笑
ちなみに私が最初のお手本を書いておき、それを真似するかたち。
f0396218_11471059.gif

学会で何人かの日本人と話し、ああ、典型だなとか思いつつ。
なんだろう。
特に中年の日本人男性が、話してて辛い。
なんか独特の「持ち上げないといけない」強制感を感じるのは私だけ?
私がいけないのか、日本社会がいけないのか、中年男性がいけないのか、その全部か。。。



[PR]
by poppo1220 | 2018-11-28 11:44 | Comments(2)

夏が来た

突然ですがビーチにいます。

f0396218_05131008.jpg
青い海、青い空、白い砂浜、湿度の高い暑苦しさ。
そこに私は黒いズボンと革靴・・・。

学会出張です。。。

マイアミ、初めて来たけどすごく良いところ!
街は広くて建物も近代的で綺麗。
人々も優しいし、たくさんの南米移民がいるからあちこちでスパニッシュが聞こえる。
周りにはキューバンレストランや南米料理のお店がたくさんあって楽しい。

でもマイナス気温のフィリーから来た私にはすごく湿度が高くて暑い!!!

国内旅行でいつも困るのは、
「どこから来たの?」って質問。
彼曰く、私は「日本」って答えなきゃいけないって言うんだけど。
でも住んでるのはフィリーで、フライトだって国内線で飛んで来たわけで・・・。
で、いつも答えが長くなる。
「日本から来たけど、フィリーに○年住んでて・・・・」みたいな自分語りになるわけ。

とりあえず念願のエンパナーダも食べたし、今晩はキューバ料理でも食べに行こうかな!
あー久々に羽が伸ばせてうれしい!
明日発表だけど、なんか、さすがにアメリカ生活長いんで、英語の発表とかなんの緊張もない笑
ノーベル賞とった人が出席してるらしいから、パパラッチしよう。

あーあ、ショートパンツ持ってくれば良かった!




[PR]
by poppo1220 | 2018-11-28 05:22 | 旅行 | Comments(2)
サンクスギビングの後は皆さんお待ちかねのブラックフライデー。
特に購買意欲のないリベラ家は華麗にスルー。

私はフードプロセッサーが欲しかったけど、欲しい機種がパナソニック製の2018年新モデルであることから、どう考えても値下げされないだろうし、
下手に遅く注文すると運送業が混乱する時期に入るので、早々にネットで注文済み。
なのでサイバーマンデーもスルー。

彼は今持っているXboxを売ってSwitchが欲しいって言ってたけど、どうするのか。
金もないくせにゲームなんか買うからだ。

ということで、なんの盛り上がりもなく、ただ淡々と大量のローストターキーをリメイクして処理する日々が続く。

今日はダークミートをメインにクリームシチューを作って、ターキーポットパイを作成。
噂では聞いていた「使えない」トレジョの冷凍パイシート、ホントに使えなかった。
とりあえず一晩冷蔵庫で解凍しておき、使う日の朝から室温に出しておいた。
ロールされているパイシートなんだけど、クルクルとシートにしていくと、崩壊しまくり。
「ああ、これが噂の・・・」
例えるなら、地球が誕生して一つだった大陸が徐々にいくつかの大陸に分かれていく・・・その様相。
小さな島まで出来ちゃう始末。
仕方ないので割れ目を寄せつつ、麺棒で伸ばしてなんとか形にした。
どんな崩壊っぷりだったかを写真に撮って、彼がトレジョのマネージャーに報告してくれるそう。
みなさん、トレジョで冷凍パイシートは買わないように。

さて、そろそろクリスマスの準備、ということで、ボスから毎年恒例のクリスマスランチの幹事を任命された。
韓国系アメリカ人のリナと二人でやれ、ということ。
あー私、彼女苦手なのよね・・・。
で、とりあえず日程決めないといけないから、ボスに言われた都合をリナに伝えて「ちょっと私今日忙しいから、一応みんなの予定聞くメールを今日中に送ってくれる?」とお願い。
ネイティブスピーカーなんだから、メールくらい私より楽だろ、と思ったけど、
案の定、翌日になってもメールは送られていない。
ラボミーティングの時に、ボスが痺れを切らして(注:せっかちな人)、「日程はどうなった?」とリナに聞いてきて、「あ、今日メールしようと思ったんですが、モニョモニョ・・・」。
で、私が助け舟を出して「12月7日その日か、17日の週がいいんだけど、みんなその日いるかな?」って全員に聞いたら、何人かは帰省するからってことで、12月7日で即決。
「あ、じゃああとからinvitation出します」で終わらせた。
若い(博士課程の学生、26歳)から仕方ないのかもしれないけど、頼んだことをやってくれないことにイライラしてしまう。
それ以降はもっと簡単なことしか頼まないようにした。
今は「ウィルさん(研究所の総務担当)に聞いてメニュー貰ってきて」ということだけを頼んだ(笑)
ウィルさん黒人なんで、私だとちょっと英語力不安なんで(笑)

彼に相談しても、「あまり頼らず、かと言って無視せずに進めちゃえばいいんじゃね?」て言ってたし、私もイライラするくらいなら自分でやっちゃう質だし。

あ、そうそう、クリスマスパーティー用にForever21でUgly sweaterを30%オフでゲット!(注:ブラックフライデー前に笑)
$17くらいでゲットできてホクホク。
帰り道で私のショッピングバッグを見た黒人女性が「え、もうセール始まってんの?」て聞いてきて、「いや、私は30%オフだったけど、ブラックフライデーにならないとやらないんじゃないかな」と答えた。
アメリカって、他人が普通に話しかけてくるよね。
その文化に慣れてたから、日本で道行く女性に「あ、その靴可愛いですね」って言ったら「あ、どうも」ってそそくさと小走りで逃げられた。
ちなみに私は女ですよ・・・


f0396218_05205370.jpg



[PR]
by poppo1220 | 2018-11-25 05:21 | アメリカ生活 | Comments(3)

引っ越し荷物のその後

韓国系引っ越し屋のT movingという会社に引っかかり、散々な目にあった。
以前一度ここで愚痴って、それから1ヶ月くらいでやっと荷物が到着した。
もうね、本当に酷い目にあったから私の脳や心が「自分を守らなきゃ」って忘却のかなたに推しやろうとしている。
そうすることで平静を保てる。
そのレベルの酷さ。

その後、わざわざ携帯電話のプランを変えて、国際電話できるようにして、ついにTmovingに電話突撃した。
その時は肩透かしで「担当者はいません」って言われたんだけど、とにかく電話するようにと伝言した。
翌朝、時差があるから朝6時とかに電話がかかってきた。
まだ届かない、なんで遅延の連絡をよこさないのか、今私の荷物はどこにあるのか、どういう了見なんだ、と、とにかく責める私。
はい、私性格悪いんで。
こういうクレームはネチネチしつこくやらなきゃ。
向こうはカタコトの日本語で「もうアメリカに着いてるはずだからわからない」と暖簾に腕押し。
(そのアメリカ現地法人も「Hyundai Express」と名乗っておきながら、あの車の「Hyundai」とはまったく関係のないクソ会社だったことが後に判明)
そんな「暖簾」でも絞りたいだけ絞ってやれ、と、ひたすら慇懃無礼にしつこく「なぜ?」「どういうことか?」「どうなっているのか?」を繰り返していたら、ついに相手(実は社長らしい)がキレた。
「何度も言ってるだろ?俺が言ったことをお前は信じられないのか?」と言って来た。

「は?何「お前」とか言ってんの?日本語わかる人に電話代わってくれない?」と相手がもっともコンプレックスであろうところを突いた。
そしたら本当に火病って火病って。
もう手がつけられなくなった。
なんかどうでもよくなって、「ああ、もうわかったわかった」て切った。

その後、1ヶ月くらいしたころか、やっと「ヒュンダイエクスプレス」から数日以内に届けるという連絡が来た。
いや、日にちわかんないと仕事休めないから、せめて日程決めてくれない?決められないならドライバーの電話番号教えてくれない?と言って、すぐにドライバーに電話した。
「あのーフィラデルフィアで荷物の到着を待ってるぽっぽというものですが」
ドライバー「は?誰だよ?」「誰かわかんないよ!誰だよ?」とこちらもカタコトの人。
もうね、嫌になってブチって切ったわ。

その2日後くらいに私のところにその「誰だよ?」って言ったやつ(メキシコ不法移民)から電話がかかってきて「お荷物明日お届けしたいんですが」って。
お前私に「誰だよテメー」とか言っておきながらしおらしく電話かけてんじゃねーよ!て思いつつも、了解。

当日、日中に来るといいながらやっぱり来ない。
電話がかかってきて、今日中には届けられそうにないから、先にノースカロライナ行ってから2−3日後に戻ってドロップする、とのこと。
ふざけんなよ、こっちは5ヶ月待ったからもう1日たりとも待たねーよ!夜中でいいからもってこいやゴルぁ!と言って持って来させた。

その後、夜中にやっと私の11箱が私のアパートに!!!

不法移民が「40ドル払え」という。
たぶん船上保険とかなんかだろうな、と思いつつも、とにかく沸騰しまくってる私は「なんのために?支払い目的がわからないのに払えるかボケ」と言った。
不法移民はなんの権限もないので、「じゃあボスに電話しますんで直接話してください」とヒュンダイボスに電話。
ヒュンダイボス、支払い目的も説明できない。英語力も仕事力も下の下。底辺ですわ。
で、「支払い目的もはっきりしないのに払えない」と言ったら、「じゃあ荷物は渡せない」とのたまう。
「は?今私の11箱が私のアパートに鎮座してて、何の権限があって持って行こうとするわけ?」
で、ヒュンダイ野郎がメキシコ不法移民に電話で「荷物を取り返せ」と指示。
メキシコ不法移民は、うちの彼がスパニッシュで話してくれるから少しこちらの肩を持ち始めていたところ。
ボスに対して「そんなバカなことやるの?せっかくカリフォルニアからここまで運転して来たのに!?」と抵抗。
電話を切った後に「ボスがこう言うから僕にはどうしようもない」と不法移民とうちの彼はショボーン。
私は怒りまくってるから「ああ、いいよ、じゃあ持って帰れよ」と我を失う。
でも、まぁ、彼になだめられて、40ドル支払うことにした。
メキシコ不法移民にもチップ20ドルあげたら「こんなの貰えない」って言ってたけど、飯代だと渡した。

荷物自体は全部無事で、すべてがちゃんと到着した。

いやーいまさらだけど私沸点低いしめんどくさい性格。


後日談だけど。

こないだニュージャージーの知り合いのおばちゃんのところに泊まった時、プエルトリコ仲間のゲイのおじさん2人が遊びに来てくれてて、うちの彼が日本語勉強してることを自慢した。
で、いわゆる侮辱言葉について盛り上がったんだけど、英語だとマザーファッ○ーとかサノバ○ッチ、スパニッシュだともっと酷い言葉があるとか。
日本には侮辱言葉あるの?って聞かれて、そんな酷い言葉は無いわーって答えたんだけど、
彼が「え、ぽっぽ、Tmovingと電話口で「お前」って言われただけですげー怒ってたのは何?」
私「・・・」
他の人たち「「お前」って何何?ワクワク」
彼「tu (スパニッシュでお前)」
他の人「は???tuで無礼なの?え?え?」
一同爆笑。
確かに、プエルトリコ人は普通に「カブロン」とか言い合ってて、なんで「お前」がキレるポイントか全然わかんなかったみたい。
その点、日本人はいつでも礼儀正しく丁寧な言葉を使うから、ちょっと砕けた言葉でも侮辱されたと思うんだよねー。

だいぶ時間が経って私の怒りも収まり、この会話で引っ越し屋のことを思い出したついでに記録。

はぁ・・・疲れた。


f0396218_06311572.jpg
写真は、今朝、残り物のターキーとグリルドオニオンで(彼が)作ったサンドイッチ。
パンは濱田家で買って来た日本の食パン♪



[PR]
by poppo1220 | 2018-11-24 06:33 | 嫌なこと | Comments(4)
ハッピーサンクスギビング!

ってことで。

リベラ家(注:うちのこと)では初の七面鳥クッキングに挑戦!
私はどう考えても役立たずなんで「デザート担当で!」と早々にドロップ。

スイーツ担当の私は日本のさつまいもを使ったタルトを前日からコツコツと作成。
さつまいもの裏ごしが相変わらず大変で彼の力を借りたけど。
そうそう、フードプロセッサーをアマゾンで注文したので、これからはもう少し楽になるはず。

で、その他料理をすべて受け持つ彼は、小さめのターキーを買ってきて、ゴードンラムジーの動画を見てターキーをバター、レモン、セージ、ローズマリー、タイムなどで一晩マリネートして、当日は野菜をがっつり詰めて昼前から焼き始め。
その間にマッシュポテトも作ってくれた。
七面鳥はややドライになってしまい、改善の余地はあるものの胸肉や内側の肉はとっても柔らかくてジューシーで美味しい。
詰めた野菜と焼き汁で作ったグレービーソースも濃厚で美味しかった。

私の作ったタルトはまぁまぁ。
もっとデコレーションすればよかった。
地味すぎる。

f0396218_12413142.gif



今、もう夜の10時過ぎだけど、今日は一日中アパートのあちこちで煙感知器が鳴り止まない。
サンクスギビングの日くらいオフにするって法律作って欲しい。
うちは奇跡的に鳴らさずに済んだけど。


[PR]
by poppo1220 | 2018-11-23 12:30 | アメリカ生活 | Comments(2)
たまたま彼が土日休みが取れたのと、サンクスギビング前に食料買い足しておきたかったので、ニュージャージー&ニューヨークにお出かけ。
フィラデルフィアからは車で2時間くらい。
フィラデルフィアという町は小さいけれど都会で、公共交通機関がある程度整っていることも手伝って、車が持てるようなところではない。
車の必要性も無い。
駐車場を見つけるのも大変だし、そもそもアパートに駐車場なんか付いていない。
だから、ちょっと遠出をするときにはレンタカーしないといけない。
今回も金曜の夜から日曜まで、レンタカーしてお出かけ。

ニュージャージーに彼の友人の実家があり、そこにおばさんが住んでいるので(以前日本に来てお世話したあのおばちゃん)、そこに2泊させてもらった。
土曜日はマンハッタンまでおでかけ。
会っておきたい友人がいた。
彼女もポスドクでアメリカに来ているんだけど、この度日本にポストを見つけて帰国することになったそう。
ラーメンを食べて新しい門出を祝う(笑)
彼女も言ってたけど、日本に馴染めるか不安、、、とのこと。
私は出戻りだから本当に身に染みて「日本に馴染めない」のを痛感したので、言葉に詰まる。
「嫌になったらまた私みたいに戻ってくればいいよ!」くらいしか掛ける言葉がない。
彼女が良い職場でのびのびと働けますように。

f0396218_05520237.jpg


その彼女は来月にはもう引っ越すとのことで「未開封の要らないもの貰ってー」とたくさんの日用品をくれた。
日本製の生理用品、ポケットティッシュ、ヘアワックスやメイク用品、洗顔料、メンソレータムリップ、、、どれもすごく重宝するもの。
黒い綿棒を見て、彼が大喜び。
「日本人の発明は素晴らしい!」って写真撮ってた。

ラーメンのあとは紀伊国屋で文房具を買い、HARBS(マンハッタンにあるのよ!)でお茶して、おばさんへのお土産にケーキ持ち帰った。
帰り道にロックフェラーセンターで取ったクマの写真。
f0396218_05561281.jpg


翌日、ニュージャージーのミツワという日系スーパーで大量の買い出し。
友人に頼まれていたものとかも含めておよそ$300ほどの出費という・・・。
まぁ、来た甲斐があったってもんよね。

ニュージャージーもペンシルベニアも、食料品はタックスフリーなので助かる。
なんで日本もそうしないんだろう?
ちなみにフィラデルフィアは衣料品と靴もタックスフリー。
今年は(も?)カナダグースのコートを買ったけど、このクラスの服がタックスフリーだと本当にお得に感じる。








[PR]
by poppo1220 | 2018-11-19 05:36 | Comments(4)
11月中旬というのに今日は雪が降った。
しかもちょっと積もっちゃってるし・・・。
リスもびっくりしてアワアワしてた。

外に出るもの寒すぎてイヤ。
どこでもドアが欲しい。

f0396218_06452205.jpg

[PR]
by poppo1220 | 2018-11-16 06:59 | Comments(0)
今日はラボでポットラックパーティーだった。
幹事のケビンが前日からノリノリで自分の料理をフェイスブックにポストしていたくせに、なぜか当日は体調不良で休みという。
なんちゅうやつだ。

私は朝から1パックの鶏肉を使って照り焼きチキンを作り、2合の飯を炊いてサラダ巻きを作った。
なんとか日本人らしくキレイに盛り付けた。

f0396218_09001506.jpg
f0396218_09002342.jpg


韓国人のキンパとの対決は、、、どうだろう?
キンパも大盛況で、実際美味しかったし。
私の巻き寿司もすぐに品切れに。
ただ、マヨネーズが入ってた分、私のサラダ巻きのほうが人気があったかな!
キンパは初めて食べたけど、ニンジンのコリコリ感やゴマの風味が美味しかった。

他にもオーストラリアのミートパイや、インドのタンドーリチキン、フランスのエッグキャセロール、中国の豚バラ煮込みやラムの煮込み、イタリアのフライドパスタ(謎)やティラミス、トルコのバクラバ、ロシアのピロシキやボルシチなど、国際色豊かな楽しいポットラックだった。
食べすぎたけど。



どうでもいいけど、私の彼の友人(アメリカ人)の話。
職場に日本人が居るらしいんだけど、なんだか日本人っぽくないんだよねーとのこと。
ある日、直接本人に「本当に日本人なの?」と聞いたら、「両親は韓国人だけど、僕は日本で生まれたから日本人だ」と言い張ったらしい。。。
なんか『どうも日本人らしくない』と周囲に思われて『日本人だと言い張る』ところが、、、なんとも香ばしい。





[PR]
by poppo1220 | 2018-11-13 09:05 | アメリカ生活 | Comments(0)

家事の分担にイライラ

先週、ちょっとしたことの積み重ねでイライラして不機嫌MAXモードのわたし。

彼は率先して料理、洗濯、掃除など家事全般をやってくれるんだけど、そのやり方が気にくわない。

料理したあとは洗い物はたくさんあるは、キッチンペーパーやラップの小さいゴミがあちこちにあるは、いろんなソースや油が飛び散ってるは、、、
それを気付かないふり(?)して日本語の勉強してたりゲームしてたりする。
ゴミ箱もいっぱいになって悪臭がするのに放置されてたり。

洗濯に関しては洗濯機と乾燥機を回すだけで、畳まずにカゴに放置。
乾燥機に詰まった綿くずは定期的に取らないといけないのに、溜まったまま。
自分のタオルは頻繁に変えて洗うくせに私のは放置。(ついでに替えればいいだけなのに)
先週はベッドシーツも替えてくれてたけど、なぜか汚れたのは放置したまま洗ってない。

掃除は週に一度は箒で掃いてウェットクイックルでちゃんとモップをかける。
なんでここだけちゃんとしてるのか・・・。
でもトイレやバスタブは放置。

正直、私は家事が嫌いで、特に掃除や片付けは苦手。
だからやりたくない。
しかも私のほうが勤務時間が長いし給料は3-4倍くらい高い。
という傲慢な女なので、「やってもらって当たり前、私が料理したいときにキッチンが汚れているのは不愉快」で怒り爆発。

「小さいゴミはすぐにゴミ箱に捨てればいいだけのことでしょ?私何度も言ってるのになんでできないわけ?料理するのにゴミ捨てて皿洗ってからじゃないと始められないんだけど!?」と怒鳴り散らして、2日ほど無視。

でも落ち着いて考えてみたら、普通に彼のほうがたくさんやってるし、効率が悪いだけ。
手伝いもしないで突然キレたのは私。。。

その事実が客観的に見え始めた2日後、、、、


自分から率先して簡単な片付けをやることにした。


まず、土日しっかり休めるときは洗濯をやり続けることにした。
洗濯ものを畳むのも、よく考えたら5分くらいの仕事なので、私がやればいいんじゃね?と。

皿洗いも、一応食洗器があるんだけど好きじゃないので基本手洗い。
食洗器はただの食器乾燥カゴになっている。
実はうちはキッチンが広くて収納もたくさんあるので、それほど苦行ではないんだけど。。。
手の空いてるときに、食洗器の中で洗い終わって乾いているものを食器棚にしまう。
そうしたら食洗器が空になるので必然的に洗い物を始めることが楽に。
食べ終わったら自分の食器をすぐにシンクに持って行き、洗いやすいものは速攻で洗う。
自分が料理するときは3分でもスキがあれば洗い物をする。(これは元々私のくせで、それを彼がしないからイライラしてた)

そういうのを率先してやるようにして3日ほど。。。彼も真似をして、きれいに片付けるようになった。

夫婦は鏡だっていうけど、そうなんだな。





[PR]
by poppo1220 | 2018-11-06 01:17 | アメリカ生活 | Comments(3)