人気ブログランキング |

日本で長年勤めた会社を辞めてアメリカに転職しました


by ぽっぽ
カレンダー

<   2019年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寒波到来?

今日の夜には-16℃まで冷え込むらしい、フィラデルフィア。
だからヒートテック上下を仕込み、カナダグースのロングダウンコート、マフラー着用で完全防備。
今日は早めに帰るとしますか。
どうせRNAの実験しか入れてないから、早めに帰れるし。

昨日の送別会はそつなく終了。
誰もモヒットと積極的に話すこともせず。。。
一応ボスは色々と今後のこととか、各国の雑談とかを話してたけど。
うちのボスはすごく厳しくてほぼパワハラ・モラハラなんだけど、別にこっちが強気に出たり、心臓に毛が生えてれば大丈夫なレベル。
正直、過去の最悪日本人ボス(陰で部下の悪口を言う)なんかよりは、直接言ってくれるだけ全然マシなんだけど(笑)
それで、イカツイ顔してるくせに、よく冗談を言う。
しかもたまに真顔で冗談を言うから笑っていいのかどうか謎。
私はスルースキル高いから、真顔の冗談を真顔の冗談で返せるんだけど。
で、まぁ、ボスが冗談とも言えない冗談で場を仕切ってくれたから、周りとしてはラクチンに過ごせた。

そのあと少しモヒットと話して、お菓子作りの話になったから、「あー今晩ケーキ焼こうと思ったから持ってくるねー」と約束した。
彼はこの後、インドのデリに帰って、家族と暮らし、大学講師として働く予定だという。
聞いた限りすごいマザコンっぽかった。
お休みの日はママンと買い物に行って、一緒に料理するのが楽しいそう。
だから、私決めたの。
超絶美味しい「ジャパニーズジグリーチーズケーキ」をモヒットに食べてもらって、「オーマイガー」ってなってもらって、インドのデリで「ああ、あのジャパニーズジグリーチーズケーキが忘れられないよ、マミー」ってなってくれると良いなと。
軽い意地悪のつもり。

その、モヒットのために、昨晩焼いたチーズケーキは盛大に割れた(笑)
メレンゲの立てすぎ、温度が高すぎた、の原因が考えられるけど、一晩冷やしたらまぁ落ち着いてわかんないレベル&カットして誤魔化した。
そうそう、私がチーズケーキを焼いてて、45分のタイマーをセットしていたのに、そこにやってきた彼がゆで卵を作り始めてタイマーをリセット。
私は気付かずに、ゆで卵の茹で上がりタイマーの「ピピピ ピピピ」を聞いて愕然。
「え!?私、タイマー使ってたんだけど!」
で、喧嘩。
ええ、私心狭いんで、人の失敗をトコトン叩く!!!
でも彼も慣れたもんで、「あと25分くらいだろうからセットしておくね!」で消えていった。
ゆで卵とチーズケーキ、どっちが重要かわかるだろ!?

ま、それと、チーズケーキが割れたのは全然関係ないから良いんだけどさ。





by poppo1220 | 2019-01-31 01:02 | アメリカ生活 | Comments(0)

お菓子作りパーティー

キャシーが「チーズスフレの作り方を教えてほしい」とのことだったので、一緒に焼くことに。
ついでだったので日本人友人のM子ちゃんも呼んで。
キャシーはブラジル×日本のハーフだけど、生まれはアメリカで完全なアメリカ人。
日本語を勉強したらしいけど、まぁ意思疎通はちょっと難しいかなというレベルの初心者。
それでも私のお菓子作り語彙はほとんどが日本語だから、ごめんけど日本語で押し通した(笑)
だって、日本のクックパッドやYoutubeで独学でお菓子作りを勉強したから、英語の訳はめんどくさい。
その場で焼きながら~だから日本語ゴリ押しでも問題なしよ。

チーズスフレの仕込みが終わり、焼き待ちの間に、リベラ家の家長(注:私の彼、アメリカ人)が腕を振るって麻婆豆腐を作成。
彼の麻婆豆腐は絶品。
中国人Youtubeのレシピを参考にしてるし、本格的な豆鼓と豆板醤、花山椒、唐辛子をアマゾンで購入しているから、間違いない!
みんな「美味しい美味しい」と言ってたくさん食べてくれた。

f0396218_06192695.jpg

そのあと、別腹も圧迫された状態で食後のケーキを。
焼きあがってまだ温かいチーズスフレと、前日に焼いておいたモカロールケーキを。
モカロールはインスタントコーヒーを使ったんだけど、私流の勝手なレシピで、少しコーヒーの味が濃すぎた(汗)
コーヒー10gずつを生地とクリームに入れて、クリームにはさらにマカダミアナッツを追加。
まぁでも、悪くはない。
うちの家長はコーヒー味のお菓子が好きじゃないので食が進まない。(コーヒーは依存症ってくらい好きなのに)

f0396218_06193386.jpg

そのあと、ニューイヤーパーティーのJeopardyの武勇伝を家長が得意げに語り始めた。
クイズを見せると、意外とキャシーも答えることができて、家長ヤバし(焦)な状態。

そうそう、私の周りだけかもしれないけど、日本大好きな外国人って多い。
M子ちゃんにアプローチしているロシア人がいるんだけど、私が「彼は日本文化大好きだから、それがきっかけでMちゃんと話したいって思ったんじゃない?」て教えたら、「なんかそれってちょっと嫌かも、失礼じゃないですか!?」って同意を求められた。
( ゚Д゚)???
よくわかんない。全然失礼じゃないと思うんだけど・・・。
「日本好きだから日本人女性と話したい」
アリでしょ??
実際、うちの彼もそうだと思うし。
話す必要があるのに「〇〇人とは話したくない」ってのは絶対ダメだと思うけど。

ここは多様性の国、アメリカですよ。
自分のアイデンティティーを最大限に活用しましょう!!

ま、またお菓子作りパーティーやりたいなーって思った。




by poppo1220 | 2019-01-28 06:09 | Baking | Comments(4)

送別会

この度、嫌われ者のモヒット(インド人)がインドに帰る(永久に)ということで、送別会をやることになった。

なんで嫌われてるかっつーと。

①平気で嘘をつく。(ごめんなさい、でも個人的にはインド人や韓国人はこういう傾向にある:私的感想)
実験用のサンプルを入手しておいて、ずーっと冷蔵庫に放置し、他の人が「あのサンプル使った?」とカマをかけると「ああ、うん、でも上手くいかなかった」とやってもいない実験をやったことにしてしまう。
「これ発注した?」と聞くと、「発注したよ」と言った舌の根も乾かないうちに、他の人の前では「僕はそんなこと(発注したなんて)言ってない」とのたまう。

②基本、怠け者
ポスドクなんて何時に来ようが何時に帰ろうが、基本的に結果を出せば文句は言われない。
けれど、彼のそれは常軌を逸している。
まず、午前中は見かけない。
下手すると週1のラボミーティングすら来ない。
ボスも「お前をラボで見かけないけど、どうやって細胞を16時間処理とかしてるんだ?」と嫌味を言うほど。

③片付けない、汚い
実験って、基本的には共通のベンチや冷凍冷蔵庫などを使うから、片付けない人が一人いるだけで大変なことになる。
さっきも言った、サンプルを冷蔵庫の奥にしまい込むのは日常茶飯事。
使った後のベンチも乱雑。
サンプルの容器には名前等も書かずに放置し、捨てられたら捨てた人を激しく責め立てる。

私も個人的に①と③で被害を被ったから、極力接触しないことにした。
遠くから離れて観察する対象でしかない。
そんなモヒットがこの度ラボを出ていくというので、私はうれしくて「ケーキ焼いてくるね、お祝いだしね♪」ってラボの仲良しメンバーと性格の悪い話をしてた。
そしたら、すごく良いタイミングで、ジェロームの娘が生まれた。
(*´▽`*)おめでとうジェローム!
そしてボスが「ジェロームのお祝いとモヒットの送別会を兼ねよう!俺がケーキ代出すから買っておいてね。」と言い出した。
ボス・・・結構ひどいことするね。。。
送別会とお祝いを同時って・・・ウケるけど。

しかしここで問題が。
ボスはモヒットに金を使いたくないから(あ、ボスも含めてみんなモヒット嫌い♪)、予算を$200にしていた。
参加者は21人なのに・・・。
幹事のスリーシャが「それではケーキも買えない」とボスに苦言を呈し、予算を上げてもらうことに成功。
食事も豪華にランクアップさせて、ケーキも注文したという。
ジェロームのお祝いが加わると、財布のひもを緩めるのね、ボス。

まぁ、そんな状況で私がケーキを焼いてきても、ボスの面子を潰しちゃうといけないから、今回はやめておこうかなーと思った。





by poppo1220 | 2019-01-26 05:46 | ポスドク生活 | Comments(2)

便利なもの

うちはStaubが3つあって(たぶん15, 18, 21cm)、重いんだけどご飯を炊いたり、煮物、炒め煮に使ったりで大活躍。
一番小さいのはお米1合用、2番目のは2合炊き用、大きいのはおかず用。
だから、あまりシーズニングとか気にせずガンガン洗剤で洗っていた。
でも、本当は鋳物は洗剤使わずに洗ったほうが良いらしいね。

あと、合羽橋で高品質な包丁を買ったときに、まな板は木が良いよと言われて、イチョウのまな板を使っている。

あと、すでにアマゾンで注文した鉄のフライパン。

あと、普通のストレイナー(ざる)。

それらの共通点としては、「たわしで洗うと良い」ってこと。

小さいたわしは持っていたんだけど、半年も使っていると新調したいなーってのと、もう少し普通サイズのが欲しいなってことで、

たわしを新調!!!

f0396218_00553880.jpg
どうでもいいけど、うちの彼がたわしを上手く発音できずに、いつも「Chawashi」って言う。



あ、話は変わるけど、リアル韓国洗礼を受けた。
リナは韓国系アメリカ人なんだけど、小さいころに移り住んで来たので、一応生まれは韓国。
ご両親も韓国人だから、文化としては韓国のほうが馴染みが深いそう。
(それでも私から見たら、西海岸特有の砕けたアメリカ人そのものなんだけど)
で、リナと話してたときに、ヤクルトが好きーみたいな話になって、台湾系オーストラリア人のシンディが「あ、日本のヤクルト?美味しいよね」って言うと、リナは「え、ヤクルトは韓国だよ!」と。。。
私は面倒だったから「あーそうなんだー良く知らないやー」って放置したけど、リナはググって「あ、、、日本だった」と。

ランチの時に私が持ってきた「のりたま」を見て、リナは「あーこれ良く使う」とまたも韓国発祥気取り(笑)
「お母さんがごはんにこういうのを混ぜて、三角の形にしてくれた」という。
私 「ああ、おにぎりね」

・・・・・・

(;‘∀‘)

まぁ、良きように捉えると、韓国には日本の文化がすごく浸透してると言うことで。

同じ文化同士、仲良くしましょうよ。




by poppo1220 | 2019-01-26 01:19 | アメリカ生活 | Comments(0)

卵白消費のメルベイユ

冷凍卵白が二つあったのと、なんか焼こうかなーと思ったので、初めてメルベイユに挑戦。

f0396218_01385962.jpg

以前ワシントンDCでメルベイユを中心としたフランス菓子屋に行って初めて食べて感動。
私マカロンとか甘すぎて嫌いなんだけど、メルベイユだったらフレッシュなクリームだから甘さも軽減されて食べられる。
それでも焼きメレンゲは相当甘いんだけど。。。

一応、その再現レシピということで、自分なりに勝手にアレンジしながら作成。

まずはメレンゲを焼いて、

f0396218_01381404.jpg

バニラホイップクリームを作って、

f0396218_01382915.jpg

形を形成して、

f0396218_01380286.jpg

クリームを周りに塗って、粉砕したスペキュルースクッキーをまぶす。

f0396218_01375058.jpg

ただこれだけ。
なのに美味しい。
それぞれのパーツは、私はあまり好きじゃなかったんだけど、全部が一緒になると何故か美味しい。
サクサクとした焼きメレンゲにバニラ香るクリーム、スペキュルースの独特の甘さと風味がアクセントに。
これは簡単なのにすごく凝っているようなプロっぽい仕上がりになってイイ。

チョコレートクリームでもできるので、何かお呼ばれしたときはまたこれ作ろうかな。

問題点はね、卵白2つしか使ってないのに、食べきれない量ができてしまった。。。



by poppo1220 | 2019-01-23 01:42 | Baking | Comments(4)

Hand mixer review

最近新調したハンドミキサーについて、少しレビューを。

去年の夏頃に買ったのはハミルトンビーチの激安ハンドミキサー。
アマゾンでトップセールを誇り、しかも$14.99という安さ。
当時は「どうせお菓子作りなんてすぐ飽きるかもしれないからこれで充分」とケチケチ根性で購入。
使い始めてすぐに、ビーターの繋ぎ目部分にサビ発生。
まぁしょうがないか、と騙し騙し使ってきた。
それ以外は特に問題もなく使っていたんだけど、別立ての生地を作るときにもうひとつビーターがあるといいな、と思ってアマゾンで検索。
すると、ハミルトンビーチのミキサーに付ける予備のビーターが$20。
本体買った方が安いじゃん。。。

ってことで、じわじわとハンドミキサー購買欲が湧いてきて、色々と検索した結果、クイジナートかキッチンエイドか、で悩んでいた。
どちらも予備のビーターが$10以下で追加購入可能。
彼と、クイジナートは安いし($34.99)良いねーって話をした。
その後も少し調べて、私は赤が好きだから、デザイン性も良いキッチンエイドを買おう!と思って彼に言ったら、
「え、もうクイジナートで良いのかと思って注文しちゃったよ!」とのこと。
有難いやら迷惑やら。
いや、迷惑ではない、どっちにしても悩んでたレベルで、色重視でキッチンエイドを買おうと思ってたから、、、いいっちゃーいいんだけど。

で、翌日にはもう届いたクイジナート。
有難いやら迷惑やら・・・。
で、開封してみると、思ったより重い。。。
だから言ったじゃーん、キッチンエイドのほうが軽そうなのにー!!
不満タラタラで、別立てロールケーキ生地を作ってみる事に。

そしたら、、、ごめんなさい、クイジナートさん。
すっっっっごく良い!!!
まずね、ビーターがスタイリッシュで良い。
洗うのも簡単だし、長いから根元には生地は付かない。(説明下手すぎ)
そしてスイッチがスムーズ。
正直、ハミルトンビーチは6段階スイッチだけど、スイッチが重くて3段階くらいしか変化が無い。
そしてパワフル。
パワフルなのに静か。
静かと言うのは語弊があるけど、あまりガチャガチャしていない音。
で、重さがすごく気になっていたんだけど、パワフルだからホバークラフト並みに本体重量を持ち上げてくれる。
しかも泡だてが早いから、今までよりも短時間の使用で済む。
さすが倍の値段だけはある、クイジナート!!!

f0396218_00380457.jpg
f0396218_00381392.jpg
f0396218_00384517.jpg



写真はすべて、左がハミルトンビーチ、右がクイジナート。
しばらくしたら予備のビーターを買って、クイジナート1本に絞る予定。

今は鉄のフライパンの購入欲が高まってるところ!!!






by poppo1220 | 2019-01-22 00:42 | Baking | Comments(0)

Martin Luther King Jr. Day

今日1月21日は珍しく祝日ということ。
マーチンルーサーキングジュニアデイ。謎。
彼に「なんでこの日なの?」って聞いたら「暗殺された日じゃない?」って言われたけど、ググったら誕生日だった。
なんだよあのアメリカ人、嘘ばっかつきやがって。

で、何かにつけパーティーをする我らなので、日曜日に「マーチンルーサーキングジュニアパーティー」を開催。
参加者はリベラ家の二人のみ。
私はスイーツ担当なので、ロールケーキ生地で作るいちごのショートケーキを。
彼はなぜだか手打ちうどんを。。。
マーチンルーサーキングジュニアパーティーで手打ちうどん。

こっちのオールパーパスフラワーは中力粉レベルのグルテン量のはずなので、それを使い、水と塩を入れてモミモミモミモミ。
ジップロックに入れてフミフミ、フミフミ、、、、
そして麺棒でノシノシノシノシ。
ここまでは良かったのに。
それなのに、最後の最後に切り方が太過ぎて、ほうとう完成。
(山梨県のみなさますみません!!)
ぶっかけうどんにしたい!という私の希望により、豚シャブと温泉卵のぶっかけほうとうに。
味はすごく美味しかった。
手作りのほうとう、手作りの黄金だし、手作りのかえし。
「来週またチャレンジする!」と意気込んでるんだけど、私別に冷凍うどんで満足なんだけど・・・。

私作のケーキは、まぁ色々改善の余地はあるものの、やっつけ仕事のわりには普通に食べれるかなと。
デコレーションが雑なのはご愛嬌。

f0396218_00061892.jpg


by poppo1220 | 2019-01-22 00:09 | アメリカ生活 | Comments(0)

ゲームにイライラ

彼はゲームが好き。
私もスマホゲームは好きで、時間つぶしによくやるけど。
それにしても、彼は、その昔はPCゲーム、その次はXbox、そして最近はスイッチ。
スマッシュブラザーズとか言う格闘系の対戦型ゲームをやり始めたもんだから、うるさくて仕方ない。
同じ音楽が延々と流れている。
そしてキャラクターたちの気合の声が漏れる。
そして彼のイラついている言葉や雰囲気が漏れる。
コントローラーを必死で押してる音も意外と気になる。

イライラするから、彼がゲームしている間は近寄らずに別の部屋にいることにしている。
ベッドルームにゲームがあるから、仕方なくリビングに居る。
けど、彼は間抜けだから私がイラついてることに気付かない。
夜にゲームをやられると寝れないから本当に勘弁してほしいわ。

別にゲームするなとは言わないけど、歩いて10分くらいのところじゃないとゲームできませんよ、って事にしたい。
それだったらやる回数減りそうだし。
でも帰ってこないか。
私には「スマホ依存症だ」とか言うくせに。



by poppo1220 | 2019-01-20 09:12 | 日常 | Comments(0)

私が神経質なのか?

例のインターナショナルポットラックパーティー。
まぁ件のメールはもういいとして、ラボのみんなで「パーティーに参加する?」とかの話をしていたとき。
私が
「うーん、でも不特定多数のあまり知らない人が、手料理を持ってきて参加するんでしょ?私はあんまりそういうの食べたくないタイプだから・・・」
って言うと、みんなドン引き。
一斉攻撃。

「潔癖症すぎるだろ」
「どんだけアスホールなんだよ、お前」
「16世紀じゃないんだから毒なんて誰も入れないし」
「そんなんじゃ外食すらできないじゃん」

などなど、言いたい放題。

でもさ、申し訳ないけど、異国の料理ってだけでもちょっと躊躇するのに、同じ研究所とは言え、ほとんど知らない人たちが持ち寄りで「これ食べて♪」とか言うんでしょ。
しかもたいして美味しくないものを、なんでわざわざ気を遣いながら、いやむしろ不愉快な思いしてまで、、、
無料って理由だけで参加する必要ある??
私はお金を払って美味しい料理を食べるためなら外食するし、ちゃんと許可が取れてるプロのレストランとポットラックパーティーを同等に考えることはちょっとできない。。。
ってか、アメリカの外食は金払う価値があまり無いから、ほとんど外食しないんだけど。

日本に居た時は、私はずいぶん衛生的にも生理的にも寛容な部類だったんだけど。
ある程度の知り合いの手料理なら全然平気だし、屋台とかも平気だし。
海外でもどんな料理も食べられるし。
私の日本人の知り合いには「家族以外の手料理は無理」「会社の人たちで鍋をつつくのは無理」って人も数人居たし。
私の母は「屋台の食べ物は絶対ダメ」って人だったし。

まぁそんな中でも中国人のしゅうゆうや、韓国人のリナ、アメリカ人のジョナサンは「あーわかる、私もちょっとそう思う」って言ってくれた。
他の人は「理解できない」の一点張りで非難しまくり。

でもね、だから私はいつも手作りのケーキを誰かに勧めるときには「If you don't mind, you can eat one」って必ず言う。
で、一度でも断った人(理由がなんであれ)には二度と勧めないことにしてたんだけど、私が間違っていたのか!?!?

文化の違いって難しい。
ってか、他人の価値観は尊重しましょうよ。
否定や意見の押し付けはよくない!




写真は全然関係ないけど、てんぷら粉を探してて見つけた瞬間。


f0396218_05271008.jpg

by poppo1220 | 2019-01-17 05:27 | アメリカ生活 | Comments(2)

ムカつくメール

うちの研究所は組合というか、研究員たちが集まってレクリエーションをするような機会がある。
4人の運営係が居て、ある程度の予算の中で、ある程度の自由度で、研究所内での交流を推進する目的。

その運営の人たちが、International Potluck Partyを企画して、その招待メールがこちら。

f0396218_04052472.jpg
これ見て、私は正直言うと、すげームカついた。
私は超性格悪いから。
「だったらアメリカ人と中国人とインド人とイタリア人で不味い飯でも食ってろよ」て本気で思う。
それ以外の人たちはウェルカムではないんだろうなって。
もちろん、このメールを書いたイタリア女は無神経でケアレスで、アホだからこんなメールを確認せずに全員送信したのはわかる。
アホなのは仕方ない。
にしても、人をpissed offさせる才能に満ち溢れてるよ、この女。

で、最悪なことに、さらに今日(だいたい1週間後)、同じメールがコピペで全員に再送された。
いや、もうこれ確信犯でしょ笑
呆れるわ。

そんな話を同じラボのメンバー(このメールの犯人たちはいない)で話していたところ。
プエルトリコ人のケビンは激しく同意、というか、私よりも怒り狂っていて、彼女たちに直接言う、ということ。
私は公言したんだけど「私は性格悪いから何も彼女たちに言わないし、ただ行かない。これからも彼女たちとは関わらないだけ。活動を支援しない。」
で、フランス人のジェロームは超性格が良い人なんだけど「僕は何も感じないし、ウェルカムだと信じてるし。でも、ぽっぽは行かないだけじゃ彼女たちに伝わらないよ?」
私「いやいや、だから私は意地悪なんだって。そんなチャンスも与えない。私の中では終了。ケビンみたいに優しくないから、悟らせるチャンスすら与えない。」
私が望むことは、彼女たちのイベントがすべて失敗に終わり、つまらない運営だったと思われること。
それのみを願う!!
性格悪くてごめんね!!!

それにしても、ヨーロッパ人って性格良すぎない?
他にも「そんな意図はないし、オーバーリアクトだよ」とか言ってる人もいた。
ごめんね、性格悪くて愛国心強くて!!!



by poppo1220 | 2019-01-15 04:00 | 嫌なこと | Comments(2)