人気ブログランキング |

日本で長年勤めた会社を辞めてアメリカに転職しました


by ぽっぽ

<   2019年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

アーミッシュの巣食う町

以前も書いたように、フィラデルフィアはアーミッシュの人たちが多く住むことでも有名。
彼らはランカスターという、車で1時間くらいのところに住んでいるんだけど、乳製品、肉類、野菜をメインとした商売をしている。
Beiler's donutsとDutch eating placeはReading terminal market内にある有名なお店。
バイラーズはドーナッツ以外にも色んなスウィーツを売っているし、Univ Cityやランカスターにもお店を出している。
一時期ハマって食べてたけど、さすがに甘いのでそれほど食べなくなった。
f0396218_00440917.jpg
先日、ラボ帰りに久々バイラーズに寄って、パイとパウンドケーキを買った。
パイはそれほど甘くなく、パイ生地のしょっぱさも手伝って、程よい感じ。
それでもクウォーターサイズを二人で分けて充分。
f0396218_00442651.jpg
電気や文明の利器を使わないことで有名なアーミッシュ。
それでもドライバーを雇えば車を所有したり、乗ったりできたり、
普通にフィラデルフィアに出てきて商売をしているし、
普通に税金も払って、病院にも行くらしい。
私はアーミッシュの人々に対して何の感情も無いのだけれど、最近ちょっと嫌だなーと思うことがあって。

柴犬が飼いたくて、ここ1年ほど、色んなブリーダーに連絡を取っている。
東海岸は日本人が少ないのもあって、まともな柴のブリーダーが片手で足りるほどしか無い。
何度も電話しても「ブリーディングの予定は無いけど、また来月電話してくれ」という、暖簾に腕押しな返事ばかり。
ニュージャージーのブリーダーにも連絡してみたら、1匹$3000と異常に高額で、しかもウェイティングリストが長くて予定が立たないという。

一方で、ある柴犬販売サイトでは、たくさんの柴の子犬が販売に出されている。
どれもちゃんと柴犬で、それなのに$500~と格安。
そしてだいたい同じような場所で飼育販売されている。
そう、それがアーミッシュ系のパピーミル。
一度だけ子犬を見に行ったことがある。
10匹以上いる成犬は、2-3匹ずつで檻に入れられていた。
ブリーダーの女性に対して、彼らは忠誠心を見せていたけれど、なんとなく恐怖と忠誠の混じったような雰囲気。
私はもちろん素人だけれど、成犬たちはどうも柴犬の基準から外れていそうな雰囲気。
子犬を見せてもらったけれど、2か月くらいの子犬は20匹くらい広めのケージに入れられていた。
そこは柴だけではなくてゴールデンレトリバーもブリーディングしているから、それも混ぜこぜ。
そして、1か月未満の子犬を持ってきて、抱いて良いよと持たせる。
絶対「可愛いー持って帰るー」ってのを期待してやってる。
しかもすぐにデポジットの入金を話し始める始末。
「どれがこの子の親なの?」って聞いても返事はのらりくらりで返ってこない。
もちろん買わずに退散。

まともなブリーダーは全然ブリーディングしないし、アーミッシュパピーミルはパピーを量産している。
日本で買ったほうがマシな気がするけど・・・(;´・ω・)
いや、でもペットショップが無いだけ、私はアメリカのほうが好きなんだけど。

また来月、まともなブリーダーに連絡するしかないか。

しかしアーミッシュたち、宗教を大事にするのは良いけど、他の生き物も大事にしようよ。
日本人の私が言っても鼻で笑われるだけかもしれないけどさ(笑)





by poppo1220 | 2019-03-29 01:06 | アメリカ生活 | Comments(7)
先日愚痴った確定申告。
(過去の日記:Tax? Tax?? Tax????
適当に申告した結果、ちゃんと$2が手元に届いた(笑)
ちょっと、ザルすぎやしませんか?笑
f0396218_00105309.jpg
近所(ホントに通りの向かい側)に廃墟となった教会があるんだけど、それが今朝燃えてた(笑)
と言っても、燃えるものすらないのか、すぐに鎮火されてたんだけど。
もう少し治安に配慮して欲しいわ。

昨日はチョコチップパンを焼こうとしたけど、色々失敗して、チョコがすべて溶けたバブカ的なパンになってしまった。
味は良いんだけど、私が作ろうとしたのはこれではない・・・。
残念。

最近強力粉を買ったので、早く開けたくてパン作りに励む。
f0396218_03332523.jpg




by poppo1220 | 2019-03-28 00:19 | アメリカ生活 | Comments(2)

食を乞わない乞食

日本のホームレスって、本当に家が無いだけで、なんとか自活しようとしてるよね。
段ボールで家っぽくしたり、空き缶拾って小銭稼いだり。

しかしアメリカのホームレスって、100%乞食。
金くれ、金くれ、ってうるさいのなんのって。
コンビニやスーパー、スタバなんかの入り口付近、フードトラック近辺によくいる。
私はガン無視するんだけど、たまに普通に「すみません」って丁寧に声をかけてくるおばちゃんとかいる。
やや小汚いだけで気付かないから「はい?」(道でも聞かれるのかな?)って答えると、
「小銭ありませんか?」って聞かれる。
買い物袋とか下げてる状態であっても、「ない」ってキッパリ答える私。

そんな私が唯一お金をあげたことがある。
2年以上前だったか。
白人のひょろっとした若い男性のホームレスだったんだけど、
段ボールに
「お金をくれないとトランプ候補に投票するぞ」と書かれてあったので$1あげた。
けど、結局トランプ勝利だったんだけどね。

そうそう、あいつら段ボールを駆使して、物乞いクオリティを高める。
「どんなものでもいただけると嬉しいです。スマイルでも。」
「金をくれ。それか大麻。」
「あなたのやさしさが欲しいです」
ポエムかよ。
働けよ。

そしてシンディから聞いた話。

あるとき、ホームレスが居たから、食べ物をあげようと思ってサンドイッチを持って行ったら、
「俺、食べられないものがあるからちょっと食べ物は・・・金くれ」
と言われたそう。
仕方ないから、「じゃあ買ってきてあげるから何が食べられないの?」
「いや、色々だから(ゴニョゴニョ)・・・金くれ」
「いやいや、それじゃわかんないから、じゃあ一緒にデリに行こうよ、そこで注文したらいいし。私払ってあげるし」
「いや、行きたくないから(ゴニョゴニョ)・・・金くれ」
もうさ、金しか要らないんじゃん。
絶対食べ物は充分に食べてて、薬やウィード(覚せい剤や大麻)のために金欲しいだけじゃん。

ちなみにフィリーはまだマリファナは合法ではない。

本当にアメリカのホームレスってどうしようもないわ。


f0396218_03335577.jpg




by poppo1220 | 2019-03-27 03:37 | アメリカ生活 | Comments(4)

ランチ事情

ペンシルバニア大学、U-Pennはマンモス大学。
34から38までの横4ブロック、BaltimoreからChestnutまでの縦約4ブロックを占める、巨大キャンバス。
有名な小児病院もあり、私の印象では医薬系・生物系の研究レベルが高いと思う。
(他を知らないだけ?)
もちろんウォートンというモンスター級のビジネススクールもあり、それが有名すぎて科学が霞んでしまっているかも・・・。
まぁとにかく、国際色豊かで、多種多様な人々が行き交う、非常に活発な学区である。

そんな人々のランチ事情。

私はいつも適当な弁当を持ってきているんだけど、たまに弁当が無い時は外で買わざるを得ない。
だいたい選択肢としては、
①フードトラックで買う (相場$5くらい)
②Wawa(コンビニ)で買う (相場$7くらい)
③レストランで食べる (相場$15くらい)
これくらいしか周りに無いし、早く安く済ませたいときはフードトラックに限る。

昼時にもなると、大きな通りの両側にはフードトラックが並ぶ。
スタンダードなものはサンドイッチ系。
とは言え、アメリカンなので、グリルドチーズやバーガー、ターキーサンドイッチなどで、パンを選べるしトーストしてもらえたり。
結構美味しいけれど、私はあまり利用しない。
朝からやってるところもあるので、朝にベーグルを買ったりしたことはある。

あと、珍しくて人気なのは中東系のVeganフードトラック。
タブーリサラダ、ファラフェルなどを中心にして、ピタパンサンドイッチやサラダボウルなど。
このトラックは全体的に高いんだけど、健康を気にする学生が多いU-Pennでは人気で行列ができるほど。
味はそこそこ美味しいけど、高いのと物足りないのであまり行かない。。

安定なのはメキシカン。
特にブリトーは$3.50からの安い値段設定。
それでいてボリュームたっぷりだから、私はたまに利用する。
チップス&グァカモレや、ケサディーヤ、タコスなどもある。

もう一つ安定どころとしては中華。
中華は味の選択肢が多いのが特徴。
野菜とプロテインを選んで、どの味付けにするか、ライスか麺か、みたいに自分好みに仕上げることができるのがポイント。
私は茄子と海老のローメインを良くチョイスする。
がっつりMSGが効いてるから、久々に食べると美味しい。

あと、NYCが発祥なのか、ハラルのフードトラックも多い。
ハラルなのでチキン、ラム、フィッシュ、ファラフェルなどが選べて、ライスかジャイロを選べる。
安くてボリュームがあるので私もよく利用する。($5)
サイドにちょっぴりサラダも乗っけてくれるから、罪悪感が薄れる。
それでいてソーダ付き。
健康なのか不健康なのかわからん。
f0396218_02334077.jpg
すごく急いでるときはインド系。
カレーはすでにポットで温めてあるので、待たずに買える。
日によってメニューは変わるけど、だいたい8種類くらいのカレーから選べるのもうれしい。
サモサも$1で売ってる。
ただ、プレートで頼むと$7くらいと、ややお値段高め。

ここ最近台頭してきたのはベトナム系フードトラック。
特にバンミーというベトナム系サンドイッチは値段も味も文句なし。
私は昼にパンだと物足りないので、ご飯をチョイスするけど、ご飯に豚肉、目玉焼き、サラダが付いて、甘酸っぱいさっぱり系の特製ソースがとても合う。

たぶんアメリカ全土でこんな感じのランチ事情だと思われる。
毎日、屋台で選ぶような感覚で楽しめるからいいよね。
それでも外に出て、寒い中待って、現金を払って・・・ってのが面倒くさいので、私は断然弁当持参派(笑)




by poppo1220 | 2019-03-26 03:02 | アメリカ生活 | Comments(6)
またもや通勤中に可愛いお花を発見。
フィリーにしては珍しい青空に、黄色いお花が映えるね。
f0396218_00414215.jpg
さて、先日はフィリッポ宅でホームパーティー。
彼の論文が某有名雑誌にアクセプトされたお祝い。
さすがだよ、我々のヒーロー!

そしてイタリア人が多く集まるパーティーは、食べ物が美味しい。
パプリカのマリネ、焼きナスのマリネ、スパゲティペスト、チーズ、サラミ、イタリアンソーセージ、、、
ゲストも各自食べ物や飲み物を持ち寄るから、色んな食べ物で本当に満足!
私、飲めないので、水を片手に食べまくる。
f0396218_00471838.jpg
特にシュウユウが持ってきた鴨が美味しかった(レストランでテイクアウト)。
f0396218_00473283.jpg
あとはエミリオが作ったほうれん草のキャセロールも。
f0396218_00480007.jpg
私は海老と枝豆の春巻きを持参。
食べやすいので速攻で品切れ。

みんな色んな苦労をしながら、自分の能力を最大限に活かして、次のステップを目指す。
ポスドクライフって楽じゃないけれど、だからこその生きている実感があって、人の幸せなのに「良かったなー」って心から感じられる。
日本だとこういうピュアな感情ってなかなか持てなくて、嫉妬や不満で押しつぶされそうだった。
別に今が満たされているわけでもないんだけど、自分に為すべきことがあって、大きな目標があるからこそ、「ひとはひと、私は私」って思えるのかな?
それとも、ボスや周りの人が私のことを認めてくれているから、やっぱり満たされているのかな?

とにかく、良かった良かった!!!





by poppo1220 | 2019-03-26 00:58 | ポスドク生活 | Comments(2)
こないだ誕生日だった家長。
リベラ家では1週間は誕生日ウィークを満喫できるので、甘やかすことに。
(ちなみに、ポッポさんは誕生日”月間”として、1か月甘やかされます)

金曜日、ちょうどうちのボスがラボに居ない日だったので、早ドンしてからランチにステーキハウスに行くことに。
いつもはFive Guysのバーガーで満足する我々だけれど、この日は特別にステーキハウスでバーガーを。
ステーキハウスのランチって平日しかやっていないから、なかなか食べられない。
こういう贅沢って良いよね~
f0396218_02004438.jpg
相変わらずセンターシティーの喧騒は苦手。

訪れたのはButcher and Singer
何度か行ったことがあったけれど、たぶん2年ぶりくらい?
あ、2年前の家長の誕生日にここに来たから、本当にちょうど2年ぶりかも!!
家長はバーガーを、私はステーキサンドイッチを頼み、食後にはベイクドアラスカを。
f0396218_02035342.jpg
シェアすることを伝えたら、バーガーを半分に切ってくれて、食べやすくなってた。
ステーキハウスのサービスって細かくて丁寧で良いよね。
f0396218_02050479.jpg
ミディアムレアで頼んで、本当にミディアムレアで出てくるのって珍しい。
ほとんどのお店で、火が通りすぎてるから。
しかしここは違う。
ミディアムレアでお肉のうまみを存分に味わう。

バーガー半分で正直お腹いっぱいだったけれど、ビーフサンドイッチのハーフを二人で食べて、残りのハーフは持ち帰ることに。
そしていつものベイクドアラスカ。
f0396218_02064394.jpg
スポンジの上に細かく刻んだドライアプリコット、その上にバナナアイスを山盛りし、メレンゲで覆って、バーナーで焼いたもの。
これがベイクドアラスカ。
私も家長もこれが大好き。
甘いけれど、アイスとメレンゲだからそれほど重くなく、別腹でもなんとか食べきれるレベル。
アイスは飲み物ですからね。

たぶんこれで誕生日フィーバーは打ち止めかな?

また来年、ランチかディナーだな。



by poppo1220 | 2019-03-24 02:13 | アメリカ生活 | Comments(4)
先日、ミツワに行ったときに見つけた、季節外れのゴーヤーは、なんとホンジュラス産。
と言われても、ホンジュラスってどこか皆目見当がつきません。
どうやらカリブ海の中米の国らしいね。

家長がどうしてもゴーヤーチャンプルーを作りたいってジタバタしてたので、気が進まないけど買ってあげた。
色が薄くて小さかったのであまり良さそうじゃなかったけど、$2もしなかったし、まぁ試しにって感じで。

Youtubeでレシピを調べて、意気揚々と取り組む家長。
レシピでは「ゴーヤーのワタを取って薄く切り、水にさらす」って言ってたけど、私が初めてゴーヤを食べたときの衝撃を家長に味合わせてはまずい、と思い、
「いや、それじゃ全然苦み飛ばないから、塩もみして、さらしておいて、何度か洗って、さらに水にさらしたら?」ってアドバイス。
家長、ちょっと小バカにしたように「そんなに苦いわけ!?笑」

(;´・ω・) なめとると知らんぞ・・・

しかしそこはモラハラが怖い家長、素直に従って、塩もみを入念に。
ゴーヤの下処理が終わってから、水切りした豆腐、豚肉、ゴーヤーなどを炒めて、濃いかつおだしを投入して煮含めて、最後に卵投入。
かつおぶしをかけて完成!!!
f0396218_01555455.jpg
わあ、美味しそう!

さて、家長の初ゴーヤ体験・・・。

( ゚Д゚)「にがっっっ!」

途中から「豚肉美味しいねー」しか言わなくなった。
ほれ見たことか。
「ゴーヤ、嫌いじゃないけど好きな味じゃないな・・・」だって。

可愛そうな家長(笑)

ちなみに私的にはしっかりとゴーヤの味も感じられるし、他の具も良い具合に調理されていて、バランスもとれていて、文句なしの100点満点!
だからたくさん食べちゃった!
次はスパムを入れて作って欲しいけど、もう次は無さそう(笑)




by poppo1220 | 2019-03-24 01:57 | 料理 | Comments(0)

ハイジの白パン

クリームシチューを作ったので、それに合わせて白パンを焼いた。
6個作れるレシピだったので、3つはノーマルの白パン、3つは発酵バターを包んだ白パンにした。
バター入りは家長用。
写真は私の白パン♪
f0396218_00091656.jpg
思ったより美味しくできた。
白く仕上げたかったので、出来るだけ砂糖を減らし、シンプルな配合に。
粉の風味が最大限に感じられる、フワフワとした出来上がりに。
割ったところを写真に撮るのを忘れて、翌日パシャリ。
f0396218_00092895.jpg
いつもパンって翌日にはパサつくんだけど、今回は夕食が終わってから速攻冷凍したので、フワフワキープしたまま。

パン作りの何が好きって・・・
生地を捏ねているとき、特に水分量が多い生地の時、二の腕のぷにぷにを揉んでいるかのような心地よさがあるのよねー。





by poppo1220 | 2019-03-23 00:16 | Baking | Comments(0)

通勤途中の発見

通勤路には謎なピンクの花が咲き乱れております。
花だけ見たら春っぽいけど、東海岸らしく、どんよりした天気が続く。
f0396218_04070279.jpg
仕事帰りに卵を買いに立ち寄ったスーパーで、たまたまブロッコリーラブを発見!
オレキエッテとイタリアンソーセージの組み合わせで、パスタに挑戦!
f0396218_04031081.jpg
ブロッコリーラブは思ったより茎の部分が太くて硬そうだったので、できるだけ排除。
オリーブオイルでガーリック、ソーセージ、塩茹でしたブロッコリーラブを炒めて、パスタを投入。
味付けは塩コショウのみだけど、ソーセージに味が付いているので。
最後にパルミジャーノレッジャーノを削ってふりかけた。
f0396218_04032171.jpg
うーん、私的にイマイチな出来だったんだけど、家長は大喜び。
パスタ好きだからね、男子は。
しかも一応ソーセージ入りだし。
私はそのソーセージがあまり好きじゃなかった。
違うソーセージで再挑戦だな。
ブロッコリーラブは最初の感動のまま、とっても美味しかった。
なんでこんな美味しい野菜に気付かなかったんだろう(;´・ω・)
毎日でも食べたい。
またスーパーに寄って買ってこようっと。

次はアーティチョークの調理方法をエミリオから教えてもらおうっと。




by poppo1220 | 2019-03-22 04:10 | 料理 | Comments(4)

Gossip

久々に納豆ご飯!!
アミノ酸が染み渡る~
鮭の西京漬けも焼いて、サイコーの朝ごはん(*´▽`*)
f0396218_00452214.jpg



さてさて、またまたファン(中国人♀)がやらかしてくれました。

私はだいたいのラボメンバーと仲良くしているんだけど、特にケビン、フィリッポ、シュウユウ、アレッシオ、ジェローム、エミリオなんかは毎日一緒にランチ食べるくらい仲良し。
くだらない話だったり、少しシリアスな話だったり、よくしてる。
そのほかの人たちは、付かず離れず、、、な感じだけれど、ファンはみんなから嫌われている。
だって、本当にヒステリックで怖いんだもん。
彼女と話すこと自体がすごいストレス。

まぁそれは前提として。

先日、フィリッポとファンがラボの中で話してるのを見かけたけど、まぁ実験の話でもしてんのかなと思ってあまり気にしてなかった。
しかしどうやら、ファンは私のことについてフィリッポに物申していたそう。
そう言われて思い当たるのが、私が苦手意識を前面に出していたから、その苦情を私と仲の良いフィリッポに言いつけたのかな?と思ったんだけど。
その斜め上を行く、壮絶な会話が繰り広げられていたとは・・・。
ちなみに、私全然関係なかった(笑)

以下のすべての話は、フィリッポから直接聞いたこと。
彼はあまり他人のことを話さない。
陰口悪口はもちろんのこと、誰がどうだ、というジャッジメントや、誰がなんと言ってた、とかの言いふらしはほとんど聞いたことが無い。
イタリア人のそういうところが一番好きで尊敬できる。
しかし今回の彼は違った(;´・ω・)

ファンの言い分としては、
「ポッポは私のことを嫌っているけど、それはフィリッポがそうしろと陰で操作してるんじゃないか?
だいたいラボ全体にフィリッポは悪影響を及ぼしている。
みんなが私(ファン)と親しく話してくれないのはフィリッポのせいだ!
そもそもボスもフィリッポのことを煙たく思っているのを知らないのか?」
とのこと。

( ゚Д゚)

私、目玉落としたよ。
マジで意味がわからんくて、「は?は?」ってなってて。
でも、どうやら私じゃなくてフィリッポが悪者になってるみたいで、その点良かった(笑)

彼の名誉のために言っておくけれど、フィリッポはシニアのポジションに居て、ボスの右腕であり、素晴らしい知識と才能と人格を持っている。
それでいて親しみやすいキャラなので、みんなに好かれている。
ボスの一番のお気に入りは明らかに彼である。
唯一の欠点としては、たまに直接的すぎる言い方をすることがあって、その点で私も彼とちょっと言い合いになったりしたこともあるけれど、
それは単純な文化の違いであって、決して意地悪や個人的な問題ではない。

ランチメンバーがその会話が意味不明すぎて路頭に迷っているところに、衝撃の事実をフィリッポが告げた。
およそ1年前、ファンはフィリッポに告ったらしい。

( ゚Д゚)わたし
( ゚Д゚)アレッシオ
( ゚Д゚)シュウユウ

で、ファンの勘繰りによると、フィリッポがその告白メールをみんなに言いふらして、ファンを無視するように触れ回っているんじゃないかと。

( ゚Д゚)

なんか、そこまで妄想が酷いとなんともかんとも・・・。
正直、フィリッポに掛ける言葉を失ったよ。
目玉と口も失った。びっくりしすぎて。

ま、最終的にフィリッポが情報開示しちゃったんだけど。
ファンが普通にしてれば、普通に時が過ぎて、黒歴史も忘れ去られたはずなのに。
そもそも、フィリッポにはずーーっと彼女がいて、むしろ最近結婚したのに。
どうやら未だに引きずってそう・・・。
確かにイタリア人は気軽に女の子にも親しくしたり、酔うと肩を組んで写真を撮ったり、軽いイジリ的な冗談を言ったりするけど。
それにしてもなぁ・・・。
鏡・・・いや、それは言うまい。

なんだろう、なんだかすごくザワザワ、ゾワゾワっとする話だったよ。。。




by poppo1220 | 2019-03-21 00:52 | ポスドク生活 | Comments(2)